ワイマックスプロバイダの契約に関するまとめ

【完全版】WiMAXの契約方法と確認ポイント
【完全版】WiMAXの契約方法と確認ポイント

WiMaxは無制限で高速インターネット通信が利用できるので場所を問わず使いたい人には最適です。

モバイルwifiルーターの中では使い勝手最強のサービスなので、契約する人は後を絶たない状況。

ただし、WiMAXは契約先によってお得感は雲泥の差となっており、失敗せずに済むにはどうすれば良いのかをここでは契約の手順や流れを交えて詳しく解説していきます。

WiMaxの契約手順・流れおよび必要なもの

契約の流れを表現している画像

WiMaxを契約する手順をUQ WiMAXを例にとって解説していくので、一通りの流れをイメージしてみて下さい。

wifiルーターを選ぶ

まず、pcやスマホ並びにタブレット端末でUQ WiMAXの公式オンラインサイトを確認し、ルーターを選ぶことから始まります。

WiMaxのモバイルwifiルーターは、基本的にファーウェイ製の「Wシリーズ」とNEC製の「WXシリーズ」の2種類があります。

基本的に最新機種ほど最大速度が速いので、迷ったら最新機種を選択しましょう。

どこで契約したとしても、初期費用として契約手数料3,000円は発生してしまいますが、端末購入代金は無料であることも多いです。

料金プランを選択

wifiルーターをどれにするか決めたら、次は料金プランの選択となります。

WiMaxには無制限のギガ放題プランか、1ヶ月7GBプランの2種類があり、自分の利用状況に合わせて選択すると良いでしょう。

また、料金プランを確認すると分かるように契約期間が長期になるほど月額料金は下がる仕組みです。

ただし、長期間の契約を選択してしまうと解約のタイミングも遅くなってしまうデメリットもあります。

さらに、オプションプランの契約を同時に確認する必要がありますが、ケーブル類の附属品は他の商品でも代用可能で必要性はあまりないでしょう。

いっぽう、端末補償サービスは加入しておいたほうが安心です。

端末補償があれば、プランによっても補償範囲は異なりますが、盗難・紛失・故障などの際にルーターを交換してくれたり、お見舞金を支給してくれたりします。

WiMaxの端末は高性能であるため、修理代も決して安くはなく、その上長期間利用するのが前提であるためリスクに備えて加入しておくことをおすすめします。

必要情報を記入

料金プランを選んだあとは、購入に必要な個人情報を入力しすると同時に支払い情報も選択。

なお、本人確認のために下記のいずれかの書類が必要になるので事前に用意しておきましょう。

  • 運転免許証
  • パスポート(現住所記載)
  • 住民基本台帳カード(写真付)
  • 身体障害者手帳(現住所記載)
  • 特別永住者証明書
  • 在留カード
  • 健康保険証+補助書類(住民票や公共料金領収証)

さらに、契約者名義人が未成年の場合は下記3点が必要です。

  • 未成年者本人の確認書類
  • 親権者同意書
  • 親権者本人の確認書類

支払い方法はクレジットカード決済のほか口座振替などに対応しているので、管理が容易なほうを選べば良いと思います。

あとは、端末が配送されるのでそれを受け取って初期設定を行えばすぐにインターネットを楽しむことが可能です。

契約は非常にシンプルで簡単ですが、本人確認書類だけは事前に準備しておくとスムーズに手続きが進みます。

法人の場合は?

UQ WiMAXの公式サイトを確認してみると、法人の場合も個人と契約手続きの流れに大きな相違はありませんが、確認書類が違ってきます。

まず、確認書類として「法人確認書類」「担当者の証明書」「担当者本人の確認書類」3種類が必要となります。

法人確認書類

登記簿謄本
又は
印鑑登録証明書
発行日より3か月以内で現住所記載のもの

担当者の証明書

社員証(コピー)
又は
名刺
契約する会社名が記載のもの>契約する会社名が記載のもの

担当者本人の確認書類

個人の本人確認書類と同じ(運転免許証やパスポートなど)

さらに、法人の場合は支払方法として振込が選択可能です。

注意しておきたいポイント

WiMaxを契約する場合は注意事項を事前に確認・理解しおかないと、後になって後悔してしまうことも。

特に料金プランが安い契約は、長期間にわたって使用し続けないと高額な解約手数料が発生してしまうことも珍しくありません。

また、契約の更新月は決まっており、それ以外の期間に解約してしまうと、例え3年以上使用していても解約金が発生してしまいます

長年WiMaxを使っていると、更新月を忘れてしまいがちですが、ここだけは注意して確認しておきましょう。

さらに、下記でも紹介していきますが、プロバイダからWiMaxを契約するとキャッシュバックの特典を受け取ることが可能です。

しかし、特典の受け取る条件は細かく決まっているだけでなく、手続きは面倒になケースが多いようです。

WiMaxに契約したからと言ってすぐにキャッシュバックが受け取れるプロバイダは少ないということは理解しておきましょう。

WiMaxを契約する場所と方法

WiMaxを契約する場所を表現している画像

WiMaxの契約を行う方法としては、インターネット上の各社サイト、家電量販店、auショップなどの選択肢があります。

WiMAXだからとどこでも同じだと思いがちですが、実は料金プランは同じでもキャンペーン内容が異なっており、プロバイダによっては高額なキャッシュバックがもらえることも。

店頭ならスタッフにその場で質問したりできるので、リアルタイムで一つずつ疑問を解決しながら契約できるのが魅力ですが、インターネットなら時間や場所を選ばずにいつでも契約が行えます。

また、インターネット経由でもサポートセンターに電話すれば質問も受け付けてもらえます。

そこで、ここではWiMAXをお得に契約する方法は一体どのケースなのかを調べてみました。

家電量販店など店舗から申し込み

WiMAXはインターネット上から契約するイメージがありますが、家電量販店やauショップで直接申し込みを行うことも可能です。

実店舗で契約の場合、機種在庫があればその日から即日でWiMAXが利用できるため、すぐにインターネットが必要な人にはおすすめとなります。

ただし、auショップは、同じKDDIグループなので契約ができますが、携帯ショップはいつも混んでいるうえ特典もないのでメリットは少ないです。

携帯ショップ独自のキャンペーンをたまに見かけますが、オプションプランの加入が条件になるなど使い勝手は悪いと言えます。

いっぽう、家電量販店も期間限定でキャッシュバックなどを行っていますが、自社でしか使えないポイントや商品券など利用目的が限定的

また、端末代金が無料ではないので月額料金に上乗せされてくるケースがあります。

それなら、店舗ではなく、他社ネット経由のプロバイダで申し込みを行ったほうが、キャッシュバックがもらえるうえに最新の端末代金が無料で入手できるので魅力的に思えてしまいます。

したがって、店舗で契約するメリットは、即日でWiMaxが利用できるくらいしかありません

  • auショップは混雑なうえ特典にはオプション加入が必須な場合も
  • 家電量販店はキャッシュバックが限定的で端末代もかかる

UQ WiMaxの公式サイトより申し込み

WiMaxと言えばUQ コミュニケーションズのモバイルwifiサービスなので本家の公式サイトから申し込みを行うことはもちろん可能です。

何も知らずにとりあえず公式サイトからWiMaxの契約を行っている人もいるでしょう。

しかし、この選択肢はおすすめできません

それは、他社から契約すればもらえたキャッシュバックがUQ WiMax公式サイトではないからです。

料金プランは契約期間はUQ WiMaxで申し込みを行おうと、他社で申し込もうと基本的に同じで、決して安くなるわけではありません。

しかも、プロバイダでは端末無料が多いなか、UQ WiMAXの場合はルータ―の購入代金が3000円程度必要になってしまいます。

これでUQ WiMAXが選択肢から外れてしまうのは理解できたかと思います。

損をしないよう他社から申し込みを行いましょう。

  • キャッシュバックなどの特典がないので魅力は下がる
  • 端末代金が無料のプロバイダがおすすめ

価格comから申し込み

様々な商品の価格を比較して最安値が分かるポータルサイト「価格.com」を1度は使ったことがあると思います。

WiMaxのような人気のサービスはもちろん価格.comでも取り扱っており、各社プロバイダのキャッシュバック情報から実質な最安料金プランを知ることが可能です。

端末やプロバイダの評判並びに口コミ情報まで確認できるので、参考になることは間違いなし。

しかし、価格comにもやはり完全ではありません。

というのも、価格comで比較できるプランやプロバイダは限定的であり、全社を網羅していないことから最もお得な料金プランでWiMaxを契約できない可能性があります。

実は、価格comでは取り扱っていないWiMaxのほうがお得な特典を用意していることがあります

価格コムでおすすめされているGMOとくとくbbでさえ、月額割引キャンペーンは取り扱っておらず、公式サイトからしか契約ができません。

また、サイトを見ると各社のWiMaxプランが実質600円から1000円程度と非常に安く見えますが、これは1年目の料金プラン合計額からキャッシュバック金額を割り引いて表示しているからです。

したがって、表示されている月額料金プランがずっと続くわけではない点に注意しましょう。

  • 完全に網羅しておらず、お得な料金プランは実は少ない
  • 月額料金プランが非常に安いのはキャシュバックの金額で控除されているから

プロバイダ各社から申し込み【おすすめ】

WiMaxを契約する上で最もおすすめなのが各プロバイダの公式サイトから直接申し込みを行うことです。

価格comを経由するよりも豊富な選択肢から選ぶことができるため、よりお得にWiMaxを契約することができます。

また、プロバイダ各社では契約者を獲得するために競い合って高額なキャッシュバックを用意しており、高速インターネット通信を楽しみながら特典も受け取れるという一石二鳥です。

キャッシュバックのないUQWiMaxから申し込みを行うより断然お得なので、ぜひプロバイダから契約することをおすすめします。

オススメのプロバイダは「JPWiMax」!

JPWiMAXのサービス画像 画像引用元:https://jpwimax.jp/

では、どこのプロバイダが良いかというと、おすすめはJPWiMaxというサービスです。

月額料金プランはWiMaxギガ放題プランで、月額料金が実質3,465円と業界最安クラスを誇っているコスト重視のユーザーから人気のサービスです。

そして何よりキャッシュバックはAmazonギフト券10,000円と、他社の30,000円台より見劣りするかもしれませんが、付与のタイミングなんと端末受取時

30,000円を超えるキャッシュバックのほうが魅力に感じるかもしれませんが、付与条件が1年間と期間と長く、申請手続きも面倒なのをご存知ですか?

そのため、キャッシュバックをもらっていない人も少なくないんです。これではキャッシュバック重視でWiMaxを契約したのに本末転倒ですよね。

JPWiMaxなら端末は即日発送により、2~3日という超短期間でキャッシュバックがもらえるため、ほぼ確実に特典を受け取れます。

運営元もフリーwifiスポットで世界的に有名なfonという大企業だから安心して利用できること間違いなし。