WiMAXの初期費用の支払いが安くなるプロバイダを紹介

WiMAXの初期費用を安くしたい!端末代金無料のおすすめプロバイダはこれ!
WiMAXの初期費用を安くしたい!端末代金無料のおすすめプロバイダはこれ!

工事が不要なので初期費用の安さに期待してWiMAXを検討している人は多いのではないでしょうか?

実はWiMAXの初期費用はどのプロバイダで契約するかで変わってきます。

初期費用を安くするためにどのプロバイダで申し込むべきかは、クレジットカードか口座振替のどちらで利用料金を支払うかで変わってくるので、自分にあった契約先を選びたいところです。

ここでは低コストでWiMAXを契約してもらうために初期費用が決まるポイントと、初期費用が安いプロバイダをご紹介します。

WiMAXの初期費用は2項目で構成されている

WiMAXプロバイダランキング

WiMAXを契約するときの初期費用は契約事務手数料と端末代金の2つで成り立っています。

契約事務手数料

どのプロバイダでWiMAXを契約するとしても、必ず契約事務手数料が発生します。

契約事務手数料の値段は基本的に3,000円で、ほとんどのプロバイダが同じ金額に設定しています。

なお、契約事務手数料はWiMAXに限らず、ポケットWiFiや光回線、携帯電話を契約するときも請求されます。

端末代金

WiMAXではモバイルルーターやホームルーターを利用するので、形式上では契約時に端末代金の支払いが必要になります。

端末の販売価格はプロバイダごとに違い、2万円で販売しているところや3,800円で買える事業者もあれば、無料で購入できるところもあります。

どのプロバイダで申し込むかで、端末代金や初期費用がいくらになるかが決まるので契約先は慎重に選びたいところです。

契約費用はいつ払うのか

WiMAXの初期費用は基本的に契約してから初回の請求時、つまり利用開始月の料金を支払うときに精算します。

端末の受け取り時に事務手数料やルーターの代金を払う必要はなく、申し込み当日に金銭のやり取りは生じません。

WiMAXの初期費用が決まるポイント

端末代金は契約するプロバイダ選びと利用料金の支払い方法で変わってきます。

クレジットカードで利用料金を支払いのであればほとんどのプロバイダで端末代金が無料になりますが、口座振替で支払う場合はプロバイダごとに値段がかなり変わります。

プロバイダ選び

WiMAXの初期費用がいくらになるかは、どのプロバイダで契約するかで決まるといっても過言ではありません。

端末の販売価格はプロバイダごとに違うからです。

理想的なのは端末代金を0円にしているプロバイダでの申し込みです。

端末代金が0円であるプロバイダを契約すれば、負担する初期費用は事務手数料の3,000円だけになります。

初期費用の安さももちろんですが、キャッシュバックや割引などのキャンペーンが実施されているか、特典を踏まえたうえで利用料金がどれほど安いのかもプロバイダを選ぶ規準になります。

取り扱い機種にも要注意

念のためにプロバイダ別で取り扱っているWiFiルーターの機種もチェックしておきましょう。

ほとんどのプロバイダは最新機種を取り扱っていますが、なかにはスペックが低い旧機種しか販売していないところもあるからです。

2019年12月の時点では以下の4機種を販売しているプロバイダを選ぶのが必須です。

モバイルルーター最新端末4機種

WiMAXのモバイルルーターを使いたい人におすすめなのはW06WX05です。

W06は高性能ハイモードアンテナ搭載で電波の入りが良いうえに、最大通信速度が867Mbpsと高速です。

WX05は最大通信速度が440Mbpsですが、WiMAXハイパワー対応で電波が弱い場所でも速度が出やすく、NEC製なので国産ルーターが使いたい人におすすめです(W06は中国のHUAWEI製)。

WiMAXのホームルーターを使いたいのであればHOME L02HOME 01を取り扱っているプロバイダを選びましょう。

HOME L02は最大通信速度が867Mbpsと高速なうえに、高感度アンテナによって自宅のなかでも電波を受信しやすくなっています。

HOME 01はNEC製なので国産機種を使いたい人向けで、WiMAXハイパワー対応で電波が弱いときの速度も安定するようになっています。

【口座振替を使うなら注意】利用料金の支払い方法

プロバイダによっては利用料金の支払い方法でルーターの初期費用を左右する端末代金が変わるので要注意です。

ほとんどのプロバイダはクレジットカード払いのみ対応ですが、口座振替にも対応しているところが数社あります。

クレジットカードを持っていない人にとって口座振替対応のプロバイダは貴重ですが、クレジット払いでなければ初期費用が高額になるところがあるので注意が必要です。

口座振替払いに対応しているプロバイダの端末代金を表にまとめました。

プロバイダ 端末代金
UQ WiMAX 3,800円
BroadWiMAX クレジットカード払い:0円 口座振替:18,857円
BIGLOBE 19,200円(キャッシュバック特典で実質4,200円)

残念ながら口座振替に対応しているプロバイダのなかで端末代金を無料にしているところはありません

初期費用が無料と謳っているBroadWiMAXにいたっては、口座振替の場合だと18,857円も負担しなければいけません。

BroadWiMAXなら初期費用が無料だと思って契約したのに、口座振替払いだと高額請求されて詐欺だと感じた人は少なくないので注意が必要です。

クレジットカードを持っていない人や口座振替で利用料金を払いたい人にとって、初期費用を安くできるプロバイダはUQ WiMAXBIGLOBEの2つだけになります。

契約費用が安いおすすめプロバイダランキング

WiMAXプロバイダランキング

初期費用が安いWiMAXのプロバイダは何社もありますが、利用料金を安くできるかに違いがあります。

プロバイダ 特典 事務手数料 端末代金 特典適用後
平均月額料金
3年間負担費用
GMOとくとくBB キャッシュバック34,700円 3,000円 0円 3,449円 124,160円
JP WiMAX 1万円分Amazonギフト券+月額割引 3,000円 0円 3,447円 124,100円
BroadWiMAX 月額割引 3,000円 0円 3,656円 131,626円
カシモ 月額割引(新端末コース) 3,000円 0円 3,769円 135,668円
UQ WiMAX キャッシュバック3,000円 3,000円 3,800円 4,406円 158,628円
So-net 月額割引 3,000円 0円 4,129円 148,656円
BIGLOBE キャッシュバック10,000円 3,000円 19,200円 4,597円 165,480円
nifty なし 3,000円 20,000円 4,830円 173,890円

上記の表を参考に利用料金の安さも加味したうえで、初期費用が安いプロバイダをランキング形式で5つまとめました。

クレジットカードで利用料金を支払うならキャンペーンの適用条件にあわせて1位から4位のどれかを選ぶべきですが、口座振替で料金を払いたい人は5位のプロバイダに注目です。

JPWiMAX
業界最安級の料金プランを実現
ランキング1位:JPWiMAX
  • キャッシュバックがほぼ確実に受け取れる

初期費用の安さとキャンペーンを受ける方法の簡単さを重視するならJPWiMAXは優良プロバイダです。JPWiMAXでは1万円分のAmazonギフト券プレゼントと月額割引によって利用料金が格安になります。Amazonギフト券の受取は契約してすぐできるので忘れる心配がなく、月額割引を適用するために手続きをする必要もありません。 3年間で負担する費用はGMOとくとくBBの月額割引コースより安いので、JPWiMAXはキャンペーンを簡単に受けたい人に向いています。

GMOとくとくBB
初期費用と利用料金の両方がお得なプロバイダ
ランキング2位:GMOとくとくBB
  • 34,700円キャッシュバック

GMOとくとくBBでは最新のルーターが無料で販売されているうえに、34,700円キャッシュバックか月額割引きのどちらかを受けられるので利用料金も格安です。プロバイダと比較してもGMOとくとくBBの利用料金は格安で、大手のSo-netやniftyよりも断然お得です。注意点としてキャッシュバックキャンペーンを受けるには契約後の11ヶ月目に手続きが必要なことです。11ヶ月目から12ヶ月目の間に手続きをしないとキャンペーンは受けられません。手続きを忘れてしまわないか不安であれば月額割引コースを申し込みましょう。月額割引コースは契約後の手続きは必要なく、自動で料金が安くなります。ただ、先ほどの表を見るとわかりますが、月額割引コースで3年間負担する合計の料金はJP WiMAXと比べると若干高くなってしまいます。

BroadWiMAX
初期費用無料と月額割引が魅力
ランキング3位:BroadWiMAX
  • キャッシュバックの受取手続きの心配が不要

BroadWiMAXは初期費用無料と月額割引を売りにしているプロバイダです。初期費用無料と月額割引きは自動的に適用できるので、契約後の手続きは一切必要ありません。ただ、料金の支払い方法を口座振替にすると初期費用は安くならず、18,857円も負担しなければいけないので要注意です。

カシモWiMAX
お客様満足度94.2%の高さを誇る
ランキング4位:カシモWiMAX
  • 業界最安級のWiMAXプロバイダ

カシモWiMAXも初期費用無料と月額割引が特徴のプロバイダです。カシモWiMAXも利用料金は安いプロバイダの内に入りますが、1位から3位と比べると3年間で負担する料金が高めなので優先順位は低めです。

UQ WiMAX(口座振替向け)
本家WiMAXでサポートの質は定評あり
ランキング5位:UQ WiMAX(口座振替向け)
  • 口座振替でも端末代金は6,800円と安い

クレジットカード払いができる場合は1位から4位のプロバイダがおすすめですが、口座振替で利用料金を払いたいのであれば最善のプロバイダはUQ WiMAXです。UQ WiMAXは数少ない口座振替対応プロバイダのなかでもっとも初期費用が安く、3年間に負担する費用もBroadWiMAXやビッグローブより格安です。端末代金は無料にならないので初期費用として6,800円は負担しなければいけませんが、他の口座振替対応プロバイダよりも支払う費用は少ないので、クレジットカード支払いができない人にとってUQ WiMAXは最善のサービスプロバイダといえるでしょう。

まとめ

WiMAXの初期費用は契約事務手数料と端末代金が成り立っています。

事務手数料は一律3,000円ですが、端末代金はプロバイダごとに違うので初期費用を左右するポイントになります。

初期費用を最安にするためには端末代金が無料のプロバイダでの契約がおすすめです。

端末代金が無料になるのは月額料金をクレジットカードで支払う場合に限られるので、口座振替しか利用料金を支払えない人は端末代金が安いプロバイダで申し込みましょう。

口座振替で支払いたいのならUQ WiMAXがもっとも初期費用の安いプロバイダとなります。

月額料金をクレジットカードで支払える場合、キャンペーンの適用条件に応じてJP WiMAXも検討してみるといいでしょう。