ムゲンワイファイの料金や速度は?ポケットwifiとしておすすめ?

mugen wifiの料金・速度などを徹底比較!他社のポケットwifiよりおすすめ?
mugen wifiの料金・速度などを徹底比較!他社のポケットwifiよりおすすめ?

無限に使えるポケットWiFi」として有名なMugen WiFi。

名前や存在は知っていても、料金・端末・速度については知らない方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、

  • Mugen WiFiと他社ポケットWiFiの比較
  • 3つのメリット
  • 3つのデメリット

について詳しく解説します。

Mugen WiFiの契約を考えている方、他社のポケットWiFiと比較したい方は、ぜひ参考にしてください。

Mugen WiFiと他社ポケットWiFi比較

ここでは、Mugen WiFiと他社ポケットWiFiの比較について詳しく解説します。

比較した項目は以下のとおりです。

  • 月額料金プラン
  • ポケットWiFi端末
  • 通信速度

他社との比較をチェックすることは、自分に合ったポケットWiFiを選ぶにあたり大切なことです。

Mugen WiFiを契約しようと思っている方も、一度立ち止まって比較をご覧ください。

焦って契約すると後悔にもつながるため、じっくりと見ていきましょう。

月額料金プラン

各ポケットWiFi会社の月額料金は、以下のとおりです。

Mugen WiFi(格安プラン) Mugen WiFi(アドバンスプラン) どんなときもWiFi(クレジットカード) 限界突破WiFi UQWiMAX(ギガ放題) Y!mobile(上限なし)
¥3,280 ¥3,880 ¥3,480 ¥3,500 ¥3,880 ¥4,380
※すべてデータ容量無制限のプランで比較。

表からも分かるとおり、Mugen WiFiの格安プランは断トツで安いです。

一番高いY!mobileと比べると、その差額は¥1,100。

年間で考えれば、¥13,200も節約できる計算になります。

できるだけ安くポケットWiFiを利用したい方には、Mugen WiFiをおすすめします。

ポケットWiFi端末

続いて比較したのは、ポケットWiFi端末です。

まずは以下の表をご覧ください。

Mugen WiFi(格安プラン) Mugen WiFi(アドバンスプラン) どんなときもWiFi 限界突破WiFi UQWiMAX Y!mobile
機種名 US2※ G4 D1※ jetfon P6 Speed Wi-Fi NEXT W06 Pocket WiFi 803ZT
連続使用時間 約12時間 約12時間 約12時間 約15時間 約9時間 約12時間
重さ 151g 188g 151g 162g 125g 153g
大きさ 127x65.7x14.2mm 136x72.2x12mm 127x65.7x14.2mm 152.9x74.2x8.5mm 128×64×11.9mm 112x67.5x15.6mm
同時Wi-Fi接続台数 5台 5台 5台 8台 16台 16台
※「D1」と「US2」は同じ機種。

ポケットWiFiの大きさ・重さ・連続使用時間については、各社で差はありません。

大きく異なるのは、同時にWi-Fi接続できる台数です。

UQWiMAXやY!mobileは、16台までの接続が可能

一人暮らしの方はもちろん、家族単位でも使えるでしょう。

一方Mugen WiFiのポケットWiFiは5台までなので、家族全員で接続するには不便に感じる可能性があります。

たとえば1人で

  • iPhoneやAndroid
  • Mac
  • タブレット
  • ゲーム機

に接続してしまったら、残りはあと1台です。

4人家族の場合は、1人1台までしか接続できないという計算になります。

家族など大人数でポケットWiFiを利用したい場合は、WiMAXやY!mobileを選ぶのがおすすめです。

通信速度

最後の比較は、ポケットWiFiの通信速度です。

Mugen WiFi(格安プラン) Mugen WiFi(アドバンスプラン) どんなときもWiFi 限界突破WiFi UQWiMAX Y!mobile
機種名 US2 G4 D1※ jetfon P6 Speed Wi-Fi NEXT W06 Pocket WiFi 803ZT
下り最大 150Mbps 150Mbps 150Mbps 150Mbps 1.2Gbps 988Mbps
上り最大 50Mbps 50Mbps 50Mbps 50Mbps 75Mbps 37.5Mbps
※理論値。実際の速度とは異なる。

Mugen WiFiは、UQWiMAXやY!mobileに比べると、通信速度が遅いです。

約8倍も速度に差があるため、日頃から高速通信でWiFi接続している方にとっては遅く感じてしまうでしょう。

通信速度は、どれだけ快適に通信できるかが決まる大切なポイントです。

あまりに速度が遅いと、動画が途中で止まってしまったり、画像が読み込めないということも起きかねません。

ポケットWiFiの速度を重視する方は、WiMAXやY!mobileを選ぶのがおすすめです。

3つのメリット

ここでは、Mugen WiFi 3つのメリットについて解説します。

  • データ容量無制限
  • 海外でも使える
  • 30日間お試し全額返金キャンペーン

月額料金の安さが魅力のMugen WiFiですが、料金以外の面でも多くの良い点が存在します。

どれもポケットWiFiを利用するにあたり、便利さをプラスしてくれるものばかりです。

他社のポケットWiFiにはない魅力的なポイントなので、契約先を決めるときに役立ってくれます。

さっそくメリットを見ていきましょう。

メリット1. データ容量無制限!

1つ目のメリットは、データ容量が無制限なことです。

一般的なポケットWiFiは、

  • 1日で3GB
  • 3日で10GB
  • 1ヶ月で7GB

のように、回線の混雑を避ける目的で通信量に制限をかけています。

決められたデータ量を超えると速度制限がかかり、通信速度ががくんと落ちます。

一方、Mugen WiFiはデータ量が無制限のポケットWiFiです。

無限にデータ量を利用できるので、速度制限を気にしなくて良いわけです。

wifiの通信速度が遅くなると、非常にストレスを感じるもの。

だからこそデータ容量無制限という点は、大きなメリットとして挙げられます。

メリット2. 海外でも使える

2つ目のメリットは、海外でも使えることです。

Mugen WiFiのポケットWiFiを海外で使う方法は、電源を入れるだけ。

特別な申し込みなどをしなくても、国外でWiFiを利用できます。

さらに以下の料金が請求されるのは、利用した日数分だけです。

  • アジア/ヨーロッパ/アメリカ/オーストラリア:¥1,200/日
  • 中東/アフリカ/南米:¥1,600/日

たとえば1週間のうちに3日しか接続しなければ、3日分しか料金を請求されません。

一般的な海外向けポケットWiFiは、レンタルした期間分支払うのがほとんどです。(1週間のうちに3日しか利用してなくても、支払いは1週間分の利用料金)

手軽に海外でも使えるのは、Mugen WiFiのメリットです。

メリット3. 30日間お試し全額返金キャンペーン

3つ目のメリットは、30日間全額返金キャンペーンを行っていることです。

これは申し込みから30日以内に端末を返却することで、全額返金してくれるもの。

通常ならかかってしまう以下の解約違約金も、期間中なら発生しません。

  • 1年未満:9,000円(税抜)
  • 1〜2年未満:5,000円(税抜)
  • 契約更新月以降:0円(税抜)

ためしにMugen WiFiを契約してみて、合わないなと思ったら気軽に解約することができるわけです。

こちらのキャンペーンの注意点は3つ。

  1. 端末の返却処理手数料として¥1,000が発生
  2. 50GB以上使った場合は¥9,000の違約金が発生
  3. 端末返送時の送料は利用者負担

上記に気をつければ、非常に便利なキャンペーンです。

Mugen WiFiのポケットWiFi契約を考えている方は、ぜひ利用してみてください。

3つのデメリット

ここでは、Mugen WiFi 3つのデメリットについて解説します。

  • 2年以内の解約は端末を返却
  • 通信速度が遅い
  • 使い方次第で速度制限がかかる

Mugen WiFiには独自のメリットがある一方、見逃せないデメリットも存在します。

デメリットを知らずに契約すれば、無駄な違約金が発生してしまう可能性も。

後悔をしないためにも、契約前にデメリットもチェックしておきましょう。

デメリット1. 2年以内の解約は端末を返却

1つ目のデメリットは、2年以内の解約は端末返却をしなければいけないことです。

Mugen WiFiは、2年自動更新のポケットWiFiです。

そのため24ヶ月以内に解約する場合は、ポケットWiFi端末を返却しなければいけません。

解約時に端末を返却しなかったら、端末違約金として契約月残数×1,600円(税抜)が発生します。

たとえば20ヶ月目で解約した場合は、

  • 解約違約金:¥5,000
  • 端末違約金:¥6,400(¥1,600×4ヶ月)
  • 合計:¥11,400

とかなり高い金額を支払うことになってしまいます。

25ヶ月以上使うと決めている方は問題ありませんが、2年以内に解約する可能性のある方にとってはデメリットです。

ポケットWiFi端末を返却したくない方は、他社のポケットWiFiを検討するのもひとつの手。

たとえばGMOとくとくbbなら、解約時に端末の返却はない上、最新機種の端末料金も0円で利用できます。

GMOとくとくbbなら端末代金も無料!

GMOとくとくbbでは、Mugen WiFiのように解約時の端末返却は必要ありません。

さらに現在は最大¥31,500のキャッシュバックキャンペーンを実施しており、お得にポケットWiFiを利用できます。

キャッシュバックキャンペーンの特典は、以下のとおり。

  1. 最新機種を含むポケットWiFi端末料金が0円
  2. 機種に応じた金額をキャッシュバック
  3. スマホ安心パック同時申し込みで+¥5,000のキャッシュバック

たとえば「Speed Wi-Fi NEXT W06」を選んだ場合、キャッシュバックの金額は最大の¥31,500。

¥3,1500を月額利用料金に当てれば、約8ヶ月無料でポケットWiFiを利用できる計算になります。

(¥3,609×2ヶ月+¥4,263×6ヶ月=¥32,796)

料金
1〜2ヶ月目 ¥3,609
3ヶ月目〜 ¥4,263

GMOとくとくbbには、

  • ポケットWiFi端末を返却しなくて良い
  • 高額キャッシュバック
  • 最新機種を選べる

というMugen WiFiにはないメリットが溢れています。

ぜひGMOとくとくbbの契約も検討してみてください。

デメリット2. 通信速度が遅い

2つ目のデメリットは、通信速度が遅いことです。

「Mugen WiFiと他社ポケットWiFi比較」でも解説しましたが、Mugen WiFiの端末は

  • 下り最大:150Mbps
  • 上り最大:50Mbps

となっています。

あくまで理論値ではありますが、WiMAXに比べると速さは8分の1。

できるだけ速い速度で使いたい方にとっては、不便だと感じてしまう可能性があります。

通信速度が遅いことは、Mugen WiFiのデメリットです。

デメリット3. 使い方次第で速度制限にかかる

3つ目のデメリットは、使い方次第で速度制限にかかることです。

基本的にMugen WiFiでは、データ量が無制限で速度制限にはかかりません。

しかし、以下のような使い方をすると、384Kbpsまで速度制限をかけられてしまうことがあります。

長時間の動画コンテンツの視聴、長時間のオンラインゲームのご利用、大容量のダウンロード、長時間のネット通話、高解像度動画などの視聴、複数機器の常時接続など

引用:Mugen WiFi公式サイト(https://mugen-WiFi.com/

「どれくらいデータ量を使うと制限がかかるのか」という詳しい記載はありません。

上記も含めて、使い方次第で速度制限にかかることはデメリットだと言えます。

Mugen WiFiのポケットWiFiまとめ

今回は、Mugen WiFiのポケットWiFiについて解説してきました。

月額料金が安い、海外でもそのまま使えるなど、Mugen WiFiはメリットの多いポケットWiFiです。

その一方、最新機能を備えた端末を選べないなど、見逃すと後悔につながるデメリットも存在します。

Mugen WiFiは、使い方によっては非常に便利なポケットWiFiです。

自分がどう使いたいかをよく考えて、相性が良いか見極めてみてください。

相性が良いと感じれば、格安かつ快適にポケットWiFiを利用できますよ。