おすすめのポケットワイファイの評判や特徴を解説

おすすめのポケットWiFiを徹底比較!契約するならどれが良い!?
	おすすめのポケットWiFiを徹底比較!契約するならどれが良い!?

そこで今回は、新世代のポケットWiFiとも呼ばれている機種を取り上げ、スペックやコスパなどの面からおすすめポケットWiFiを徹底比較してみました。

ポケットWiFiの契約期限が迫っている人や、新規にポケットのWiFiの導入を検討中の人はぜひ参考にしてください。

ポケットWiFiを選ぶメリット

WiFi(ワイファイ)とはWireless Fidelityの略語で、パソコンやスマホなどの端末をワイヤレス(無線)でネットワークに接続する技術(規格)を指します。この技術を利用するための機器がWiFiルーターで、「ポケットWiFi」は、ポケットサイズで持ち運びできる「モバイルWiFiルーター」のことです。

ポケットWiFiは、本来はY! mobile株式会社が提供する「Pocket WiFi」という商品名なのですが、いつしかモバイルWiFiルーターの総称として使われるようになりました。ここでもわかりやすいように「ポケットWiFi」の名称を使って説明していきます。

最近では、ポケットWiFiはビジネスパーソンの必需品といわれるほど普及していますが、ポケットWiFiが選ばれる理由は次のようなメリットがあるからです。

工事不要ですぐにネットに接続できる

ポケットWiFiは無線でインターネットに接続できますから、光回線のような開通工事の必要がありません。新築マンションの場合は開通工事が完了しているところが多いですが、部屋までの引き込み工事が必要なところがあります。

その場合は入居者が業者に依頼し、工事当日は立ち会わなければならないなど、費用も時間もかかります

すでに各部屋まで配線がなされているマンションの場合は、光回線に対応する端末であればすぐにインターネットを使うことはできますが、その分家賃や管理費が割高になります。

また、何人もの住人が同時にアクセスするとインターネットにつながりにくくなったり、どこかの部屋で極端に重い通信を何時間も続けたりすると速度が低下したりすることも

その点、ポケットWiFiなら端末の設定をするだけですぐに快適なネット環境を整えることが可能な点がおすすめされる理由です。

自宅で大容量のファイルをダウンロードしたり、オンラインゲームを長時間するようなヘビーユーザーは別ですが、メールやサイトの閲覧、動画の視聴などがメインという人にとってはポケットWiFiで十分でしょう。

ポケットWiFiは料金が安い 

パソコンなどの端末と通信回線があればインターネットを使えるというわけではなく、最初に回線事業者とプロバイダとの2つの契約が必要です。

回線事業者とは、国から電波の割り当てを受け、自社の通信回線を使って通信サービスを提供する会社のこと。固定回線の代表的な事業所とサービスとしてはNTT東日本の「フレッツ光」、KDDIの「auひかり」、ソフトバンクの「Softbank光」があげられます。無線回線の場合は、KDDIの子会社UQコミュニケーションズの「WiMAX2+(ワイマックスツープラス)」があります。

一方のプロバイダは、大手キャリア(ドコモ、ソフトバンク、au)やUQコミュニケーションズの回線を代理販売してインターネットにつなぐ接続事業者のことで、MVNO(仮想移動体通信事業者)と同じ意味で使われています。BIGLOVE、GMOとくとくBB、ドコモnet、au one net、So-net、@niftyが代表的です。また、ビックカメラやヤマダ電機などの家電量販店もこれにあたります。

固定回線の場合は契約した回線業者には、回線工事費(初回のみ)回線使用料(毎月)を支払います。

それに加えてプロバイダにも利用料を毎月支払う必要があります。

このような料金システムは、移転する際にエリアによっては解約して新規契約をしなければならないので手間がかかるうえに、契約期間中で縛りがある場合などは高額の違約金が発生するのが通例。

それに対してポケットWiFiの契約は1つだけでよく、料金に回線使用料とプロバイダ利用料が込みになっているため、 支払い総額を安く抑えることが可能です。

引っ越しをするときも解約する必要はないので違約金の心配がなく、住所変更をしてポケットWiFiを持って新居に行くだけですから、特に忙しい人にはおすすめです。

対応エリア内ならどこでもネットが使える

固定回線の場合は自宅でしかインターネットを使うことができませんが、ポケットWiFiは外出先でもスマホやタブレット、ノートパソコンでのネット接続できる点がおすすめされる理由の1つ。

最近は、カフェや駅、空港などに無料で使える「WiFiスポット」が設けられていますが、セキュリティ面で不安があったり、通信速度が遅かったりするためストレスになりがち。

自分のポケットWiFiであればそうした問題はないので、出張先や旅行先でも対応エリア内であればいつでも安心・安全にインターネットを使うことができます。

スマホと併用で通信費を節約できる

スマホでインターネットを使うことの多い人は、利用料金の高いパケット定額プランへの加入が必要になったり、契約時に設定した月間データ通信量を超えて通信制限を受けたりすることがあります。

そんな不便さもポケットWiFiを併用すれば解消することができます。

スマホをデータ通信量が少なくて安いプランに変更してポケットWiFiと組み合わせて使えば、スマホ料金を低く抑えることができるというわけです。

ポケットWiFiの料金がかかりますが、スマホの定額プランより安いのでトータルすると通信費の節約につながるため、データ消費量が多い人ほどポケットWiFiがおすすめとなります。

ケーブルがないから部屋がスッキリ!

固定回線は、電源ケーブルやLANケーブル、モニターケーブル、ONU(光回線の終端装置)ケーブルなどさまざまな配線が必要です。

ケーブルをきれいにまとめられるといいのですがどうしても乱雑になりがちで、ごちゃごちゃして見た目が悪いだけでなく、気分も滅入ってしまいます。

それに比べてポケットWiFiはケーブルを充電するときにコードを使う1本だけなので、いつも部屋はスッキリ。

おすすめWiFiサービスを徹底比較

ポケットWiFiのニーズが高まるにつれ、新しいサービスが次々と登場していますが、中でも人気ランキング上昇中のおすすめポケットWifi 6種を取り上げ、「料金プラン」「通信速度」「データ容量」「速度制限」の4点について比較してみましょう。

NEXT mobile(ネクストモバイル)

NEXT mobileは、株式会社グット・ラックが提供するポケットWiFi。

ソフトバンクのLTE(携帯電話用の通信回線規格のこと)回線を利用しているため、障害物の多い場所や地下鉄などでも電波が安定しているのが強みです。

利用端末はFS030W(富士ソフト)で、バッテリーの持ちがよく、WiFi接続時から20時間以上使用可能なので外出先でも安心です。

料金プランは、「フラット20GB」「フラット30GB」「使い放題」の3種類あります。

LET回線を利用するポケットWiFiはデータ容量に上限が設けられており、料金も高くなるのがほとんどですが、NEXT mobileは一番安いプランでも20GB使える点がおすすめの理由。

他社のポケットWiFiには7GBというのもあるので、その3倍近いデータ量で月額2,400円で利用可能なので、安くて大容量のプランのポケットWiFiを求める人におすすめ

料金プラン 月額料金 通信速度 データ容量 速度制限
フラット20GB 2,400円 下り最大150Mbps 20GB データ容量を超えなければ制限なし
フラット30GB 2,700円 上り最大150Mbps 30GB
使い放題 3,100円 無制限 なし

※契約期間の2年は定額。それ以降は各プラン500円ずつアップします。

ギガゴリWiFi

ギガゴリWiFiは、GMOインターネット株式会社が運営するポケットWiFiで、クラウドSIMを採用しています。

クラウドSIMとは、1社との契約で複数の回線を使うことができるICカードのことで、これを内蔵しているギガゴリWi-Fiはdocomo、ソフトバンク、auの回線と自動切り替えで接続することができるため、全国広範囲でインターネットを利用することが可能なので、電波感度に不安な方におすすめのポケットWiFi。

利用端末はFS030W(富士ソフト)。長時間バッテリーで20時間の連続使用が可能。端末はレンタルなので、解約時には返却する必要があります

料金プラン 月額料金 通信速度 データ容量 速度制限
20GBプラン 2,350円
  • 下り最大150Mbps
  • 上り最大150Mbps
20GB データ容量を超えなければ制限なし
30GBプラン 2,650円 30GB
ワールドプラン 3,050円 無制限 なし

※契約期間は1年。契約は自動的に更新され、2年目からの月額料金は各プラン400~500円ずつアップします。

MUGEN WiFi(無限ワイファイ)

MUGEN WiFiは、株式会社surfaveが2019年より開始した格安ポケットWiFi。

料金は「格安プラン」と「アドバンスプラン」の2種類あり、格安プランの月額料金は3,280円と最安水準の価格を実現。

低料金に設定できるのは、広告宣伝費や担当人員を削減することでコストカットを図っているからです。

通信回線はdocomo、ソフトバンク、auのいずれにも対応可能です。国内の対応エリアが広いだけでなく、海外でも手続きなしでそのまま使えるのが特徴。

利用端末は、格安プランがGlocal Me U2sで、薄型でシンプルなデザインが口コミで人気です。

アドバンスプランは、Glocal Me G4で21か国語の翻訳機能付きで充電器としても使用できるので国内外でポケットWiFiを使いたい人におすすめ。

料金プラン 月額料金 通信速度 データ容量 速度制限
格安プラン 3,280円
  • 下り最大150Mbps
  • 上り最大150Mbps
完全無制限 なし
アドバンスプラン 3,880円

※契約期間は2年。2年以降も同じ月額料金で利用することができます。

縛りなしWiFi

縛りなしWiFiは、株式会社クーペックが運営するレンタル方式のポケットWiFiです。

その名の通り契約期間なし、通信制限なし、端末代金なしの3つの「なし」が売り。

通信回線はソフトバンクとUQコミュニケーションズを使用しています。

端末ルーターはpocketWiFi(601X、603HWなど)と、WiMAX(W05、W06など)のいずれかを用いることになります。

ただし、自分で選ぶことができず、pocket WiFiを使いたいと思ってもWiMAXが送られてくることも

レンタルサービスですから、初期費用も解約金も必要なく、月額料金を支払うだけ。

他社のポケットWiFiは2年契約が多く、解約するときは更新月でないと高額の違約金を徴収されますが、縛りなしWiFiは最低1か月使えばいつでも無料で解約することができます

解約金に縛られず自由に低価格でポケットWiFiを使いたい人におすすめ。

料金プランは2020年3月より、スタンダードな「通常プラン」、さらに安い「ライトプラン」、安定感のある「WiMAXプラン」の3つに分けられました。

料金プラン 月額料金 通信速度 データ容量 速度制限
通常プラン 3,300円 W06の場合
  • 下り最大558Mbps
  • 上り最大30Mbps
1日2GB データ容量を超えなければ制限なし
ライトプラン 3,000円 1か月20GB
WiMAXプラン 3,800円 3日で10GB 3日で10GBを超えると制限がかかる

※契約期間はなし。

よくばりWiFi

「容量を気にせず使いたい」「料金を安くしたい」「速度制限されたくない」「早く使いたい」「海外でも使いたい」の5つの欲張りを実現するポケットWiFiです。

運営会社は2017年設立の株式会社エクスゲートで、docomo、ソフトバンク、auの回線を利用しており、利用端末はGlocal Me U2s。

料金プランは1か月ごとのレンタルと24か月レンタルの2種類のみ。

24か月レンタルを選んだ場合は、その間は契約期間となり、途中で解約すると高額な違約金が発生しまう点が他社のレンタルポケットWiFiと異なるところです。

25か月目以降であればいつでも無料で解約OKですが、端末は返却が必要

まずは1ヶ月レンタルしてポケットWiFiを試してみたいという人におすすめ。

料金プラン 月額料金 通信速度(下り) データ容量 速度制限
1か月レンタル 4,880円
  • 下り最大150Mbps
  • 上り最大50Mbps
無制限 制限なし
24か月レンタル 3,450円

※24か月レンタルの場合のみ契約期間が2年。契約更新する場合も月額料金は同じです。

ワイモバイル

Y!mobilek株式会社が運営するポケットWiFiで、ソフトバンクの回線を使用しており、端末はワイモバイルの801HW、803ZT、WiMAXの603HWの中から選ぶことができます。

料金プランは「pocketWiFiプラン(ベーシック)」で、これはデータ容量7GBまでですが、「アドバンスモード」に設定することで、7GBを超えて無制限で高速通信を楽しむことができます。

また、データ容量を追加する方法として「オートチャージ」を選ぶこともできます。

料金プランに定められた容量が残り0%になると自動的にデータ容量が補充され、通信速度が低下することなくそのまま利用することができるいっぽうで、上限設定により使い過ぎるということはないので安心です。

信頼できる大手の通信会社でポケットWiFiを使って安心を得たい人におすすめ。

料金プラン 月額料金 通信速度 データ容量
ポケットWiFiプラン 3,696円 下り最大867Mbps 7GB
アドバンスオプション加入 4,380円 上り最大75Mbps 上限なし

※契約期間は3年。ワイモバイルの更新月は2か月間に設定されています。

【まとめ】WiMAXよりおすすめのポケットWiFiはこれ

以上、ポケットWiFiの最新情報を紹介してきました。どのポケットWiFiも性能に大差はないのですが、どれか1つに絞るとすればギガゴリWi-Fiをおすすめします。

理由は、三大キャリア(docomo、ソフトバンク、au)の回線を使用しているため、全国ほとんどの場所でポケットWiFiが利用可能であること。

せっかく持ち運びできるポケットWiFiを購入したのに、使えるエリアが狭かったり、すぐに電波が届かなくなったりしたのではポケットWiFiのメリットを活かすことができません。

独自のWiMAX2+という回線を使う「WiMAX」は、キャンペーンなどの特典がつくこともあって根強い人気がありまが、対応エリアの広さや障害物に対する強さの面では、三大キャリアの回線を使用するポケットWiFiのほうが優れています。

また、ギガゴリWiFiは契約期間が1年と短期であることもおすすめポイントの1つ。

契約期間が長くなればそれだけ月額料金が安くなりますが、2年も3年も使い続けられるか分からないという人が多いことや、ポケットWiFiは長年使い続けるメリットはないので、そうした縛りのあるプランよりはギガゴリWiFiがおすすめです。