ワイマックスプロバイダ「縛りなしWiFi」について

縛りなしWiFiの評判やメリット・デメリットを徹底解説
縛りなしWiFiの評判やメリット・デメリットを徹底解説

WiMAXのようなポケットWi-Fiルーターを使用する上で、どうしてもネックになってくるのが「3年縛り」「2年縛り」といった契約期間の長さ。

「もしその間にもっと良いサービスが出てきたらどうしよう・・・」

「途中解約するにしても高額な違約金が発生して、せっかく安いプロバイダを見つけたのにもったいない気がする。」

こんな気持ちになりますよね。

しかしそんな悩みを解決してくれるポケットWi-Fiサービスが、本ページでご紹介する「縛りなしWiFi」です。

縛りなしWiFiは契約期間の縛りなし、解約違約金も発生しないポケットWiFiサービス。

ただし注意しなければいけないデメリットもありますので、ここでは縛りなしWiFiの基本情報からメリット・デメリットや評判まで詳細に説明をしていきます。

縛りなしWiFiの基本情報 どんなところが特徴的?

そもそも縛りなしWiFiとは、その名の通り「契約期間に縛りがない、いつでも無料で解約できる」というのが評判のポケットWiFi・WiMAXレンタルサービス。

他のWiMAXプロバイダやポケットWiFiサービスだと、契約期間が2年もしくは3年となっているところが多く、その期間中に途中解約しようとすると高額な解約違約金が発生します。

高いところでは1年以内の解約で30,000円の解約違約金を取るところもあるので、急な解約にも無料で対応できるのは本当に心強いですよね。

縛りなしWiFiの基本スペックは以下の通りです。

初期費用、事務手数料 0円
月額使用料 2,800円/3,300円
配送日時 最短即日
最短契約日数 実質1ヶ月
通信速度 150〜612Mbps(端末に依存)
月間通信容量 SoftBank回線:1日3GB
WiMAX:3日で10GB
速度制限 SoftBank回線:128kbps
WiMAX:1Mbps
取扱端末 603HW、W04、WX05、502HW
支払い方法 クレジットカードのみ

実は縛りなしWiFiには2つのプランがあり、「通常プラン」が縛りなし、もう1つが他のプロバイダと同様に3年縛りがある「縛っちゃうプラン」。

縛りなしWiFiの縛っちゃうプランは、3年間の契約縛り+端末機種が601HWシリーズに限定されますが、その分月額2,800円という格安でポケットWiFiの利用ができるという優れものです。

また通常プランであっても月額3,300円と、WiMAX業界では最安クラスの値段で利用することが可能。

プラン 通常プラン 縛っちゃうプラン
月料金 3,300円 2,800円
3年間の総支払い金額 118,800円 100,800円
契約の縛り期間 なし 3年
対象端末 603HW、W04、WX05、502HW 601HWシリーズ

縛りなしWiFiは、ポケットWiFiやWiMAXを長期間使っていきたい方、一時的に使いたい方の両方におすすめのレンタルサービスとなっています。

5つのメリットをご紹介

縛りなしWiFiの特徴について見てきましたが、ここからはメリットについて整理していきたいと思います。

ずばり、縛りなしWiFiのメリットは以下の5です。

  • 契約期間の縛りなし、解約違約金もなし
  • 業界最安クラスの月額料金
  • 初期費用や本体代も掛からない
  • 月間通信容量無制限、好きなだけインターネットができる
  • 最短即日発送で端末がすぐ届く

それでは順番に見ていきましょう。

契約期間の縛りなし、解約違約金もなし

何度もお話ししているのでもはや紹介の必要がないかもしれませんが、縛りなしWiFiの最大のメリットはやっぱり契約期間の縛りがなく、好きな時にいつでも解約できるところにあります。

ほとんどのプロバイダでは契約時に2年・3年の契約期間の縛りがありますし、更新月以外に解約をすると違約金を支払わなくてはなりません。

「数ヶ月だけ単身赴任で使いたい。」

「もっと良いサービスが今後出てくるかもしれないし・・・」

などなど、短期間で解約をすることがわかっている、そんな予感がしているという方には縛りなしWiFiが持ってこいです。

ただし「縛っちゃうプラン」を選んだ場合には、解約金15,000円と合わせて端末代金の未払い分も支払わなければならないので注意が必要です。

例えば2年で縛りなしWiFiの縛っちゃうプランを解約した場合には、解約金15,000円に加えて端末代金1,200円×12ヶ月(残月数)で、解約費用が23,900円も掛かる計算に。

そのため3年縛りがあるプランで検討中の方は、他のプロバイダにした方がお得な可能性が非常に高いです。

また後ほどデメリットの方で詳しく説明をしますが、実はあまりにも短期の場合縛りなしWiFiを解約できない場合があります。

というのも縛りなしWiFiは解約手続きをした翌月の解約となるので、最短でも2ヶ月は使用しなければならないのです。

そういった注意点については、後ほど詳しくご説明します。

業界最安クラスの月額料金

縛りなしWiFiの良いところは、何も縛りがないところだけではありません。

実は、縛りなしWiFiは業界最安クラスの月額料金で使用することができるんです。

以下は人気のWiMAXプロバイダである「UQ  WiMAX」と「GMOとくとくBB」の料金との比較です。

プロバイダ UQWiMAX GMOとくとくBB 縛りなしWiFi
月額使用料 3,696円(1~2ヶ月)
4,380円(3ヶ月~)
3,609円(1~2ヶ月)
4,263円(3ヶ月~)
3,300円
キャッシュバック 最大13,000円 最大31,000円 なし
契約手数料 3,000円 3,000円 0円
WiMAX端末代 2,800円 0円 0円
3年間の実質負担 146,427円 123,457円 118,800円

縛りなしWiFiには大きなキャッシュバック等はありませんが、その分安い月額料金とわかりやすい料金体系が魅力的。

初期費用や本体代も掛からない

 WiMAXやモバイルWiFiルーターを契約する場合には、基本的に初期手数料として3,000円がかかってきます。

また本体代金が月額料金に含まれていたり、端末代として先に支払わなくてはならないプロバイダもあります。

しかし、縛りなしWiFiではそんな心配もいらず、初期費用・端末代金ともに無料です。(端末はレンタルのため)

そのため縛りなしWiFiはできるだけ出費を抑えられます。

月間通信容量無制限、好きなだけインターネットができる

縛りなしWiFiの通常プランは、 WiMAXの「ギガ放題」にあたります。

そのため月間通信容量に制限はなく、毎月どれだけ使用しても速度制限が掛からないので、インターネットを思う存分楽しむことができます。

スマホなどで経験がある方もいらっしゃるかと思いますが、通信制限が掛かるともはや使い物にならない感じがしますよね・・・

そういった心配がいらないのは、本当に心強い。

ただし、通信の混雑を避けるために一時的に速度制限が発生する場合があります。

通信制限をされるのは以下のような場合です。

モバイルwifi 速度制限の条件 制限期間
WiMAX 3日間で10GB以上 翌日の18〜2時
SoftBank回線 1日に2GB以上 当日のみ
ヘッド セル セル

完全に容量無制限でないところは残念ですが、これは回線の問題でもあるので、何も縛りなしWiFiに限った話ではありません。

どこのプロバイダで契約しても、上記の制限は発生します。

また、Youtubeの標準画質の動画であれば、例え1日に2GBの制限があったとしても10時間の視聴が可能です。

しかも速度制限も当日のみで、スマホと違って翌月まで待つ必要はないので、かなり緩いと言えますね。

最短即日発送で端末がすぐ届く

光回線などは開通工事を行なってインターネットが使えるようになるまでに、早くても2週間長いときには1ヶ月以上掛かるときもあります。

それだと、急な転勤や引越しがあった際に、その間はインターネットを使用するのを我慢しないといけません。

しかし縛りなしWiFiでは、WEB申し込みをしてから最短即日で端末を発送してれ、WiFi開通までの時間が非常に短いのが特徴。

しかも送料も無料なので、急いでインターネット環境が必要な方に縛りなしWiFiは持ってこいです。

縛りなしWiFiの口コミや評判を見てみると、サービス開始当初は配送に遅延が出ていて、端末の到着までに数週間を要する時期もあったようですが、今はそういった遅延問題は解消されているようです。

縛りなしWiFiのサービススタート間もない時期は、想定以上の申し込みがあったために在庫不足となってしまったり、対応が間に合わなかったそうですが、現在は人員を増加して対応しているとのこと。

デメリットもある!?落とし穴についても理解しておこう!

さてここまで縛りなしWiFiのメリットについて見てきましたが、実はいくつかデメリットもあるんです。

そのデメリットについてもきちんと知っていないと、契約した後に痛い目を見ることになってしまいます。

縛りなしWiFiのデメリットとしては、以下の7つです。

  • 端末の破損時に高額な修理費用が掛かる
  • レンタルするルーター端末を選べない
  • 実は通常プランでも最低契約期間がある
  • 電話で解約申請できない
  • クーリングオフの適用外
  • au 4G LTE回線の利用は有料
  • クレジットカード支払いのみ

端末の破損時に高額な修理費用が掛かる

「ルーターをうっかり落としてしまった・・・」

「あれ、カバンの中に入れてたはずの端末がない!」

あるあるのハプニングですが、縛りなしWiFiでは端末を破損・水没・紛失してしまった場合、端末の弁償金として39,800円も掛かります。

また縛りなしWiFiの場合はSIMカードも再発行が必要で、再発行費用として3,000円必要なため、トータルで42,800円も支払わなければならないことに。

そうなると、外出時に縛りなしWiFiを持って行こうと考えていた方は少し不安になるかもしれません。

そんな方は月額500円の有料オプション「安心サポートプラン」に加入することをおすすめします。

こちらに加入していれば、端末弁償代が10,000円になります。

レンタルするルーター端末を選べない

縛りなしWiFiで取り扱われているモバイル WiFiルーターは以下の4つです。(縛っちゃうプランでは601HWシリーズ)

  • Speed Wi-Fi NEXT WX05
  • Speed Wi-Fi NEXT W04
  • Pocket WiFi 603HW
  • Pocket WiFi 502HW

そして、縛りなしWiFiでは端末を選ぶことができず、上記の端末のどれかが届くことになっています。

また、WiMAXの最新機種であるW06などが含まれていないため、少し型落ちのモデルになってしまうというのもデメリット。

ちなみにですが、事前にサポートに連絡をしておくと、端末機種の指定はできませんが、SoftBank回線かWiMAXかは選択することができますよ。

実は通常プランでも最低契約期間がある

契約期間に縛りがないのが魅力の縛りなしWiFiですが、「解役申請をした翌月末」が解約月になります。

そのため、「ちょっと1ヶ月だけ借りたいな」といったことはできません。

縛りなしWiFiは、実質2ヶ月間契約をする必要があります。

1ヶ月以上利用する場合には問題ないのですが、1ヶ月以内の短期利用が目的なのであれば、レンタル会社でレンタルした方がお得になります。

電話で解約申請できない

現在、縛りなしWiFiを解約する方法は問い合わせフォームから連絡をする以外にありません。

縛りなしWiFiには電話サポートもありますが、電話口での解約申請はできない状態となっています。

また、縛りなしWiFiのネットの口コミや評判を見てみると「電話が繋がりにくい、いつ掛けても通話中」と言った声が多数見られました。

そのため、縛りなしWiFiに問い合わせる際は公式HP内に設置されている問い合わせフォームから連絡をするようにしましょう。

また縛りなしWiFiを解約する際の注意点として、解約日から5日後までに端末の返却をしなければなりません。

もし間に合わなかった場合、翌月分の使用量が発生してしまうので注意しましょう。

クーリングオフの適用外

縛りなしWiFiでは、通常プラン(契約期間縛りなし)の契約後のクーリングオフを受け付けていません。

というのも、縛りなしWiFiはWiFiのレンタルになるため、端末が発送されるとその後キャンセルことができないんです。

これはほとんどのWiFiレンタル会社で共通のルールとなっています。

逆に端末代金を支払うような、GMOとくとくBBやUQ WiMAXといった契約期間に縛りのあるプロバイダは、端末が届いてから8日以内であればクーリングオフの対象となります。

au 4G LTE回線の利用は有料

WiMAXの一部機種によっては、ハイスピードプラスエリアモードというau 4G LTE回線を使用した高速通信ができる端末があります。

こちらであればWiMAXの通信速度が遅い、電波の受信状態が良くないところであっても、快適にインターネットを楽しむことができます。

しかし、縛りなしWiFiではこのハイスピードプラスエリアモードがプランのオプションには含まれておらず、使用した場合には別途月額1,005円の料金が発生するので注意が必要。

クレジットカード支払いのみ

縛りなしWiFiでは、料金の支払い方法をクレジットカードしか選択できないため、口座振替等を選ぶことができません。

というのも、WiMAX・モバイルWiFiルーターを提供している会社では、できるだけコストを削減し月額割引やキャッシュバックとして還元できるよう、決済方法をクレジットカードに限定している会社がほとんどなんです。

現在、口座振替にも対応しているプロバイダはBroadWiMAXとBIGLOBEなど限られています。

そのため、他者と比較して大きなマイナス点とはならないかもしれませんが、デメリットの1つと言えますね。

結局縛りなしWiFiはおすすめ?

ここまで縛りなしWiFiについて特徴やメリット・デメリットを見てきましたが、いかがだったでしょうか?

縛りなしWiFiは、その名前の通り契約期間の縛りなく、しかも業界最安クラスの月額で利用できるモバイルWiFiレンタルサービス。

以下のようなWiFiを探している方におすすめです。

  • できるだけ月額を抑えてWiFiの利用をしたい
  • いつ解約するかわからない、短期利用になることが濃厚
  • なるべく早くWiFiを使い始めたい

逆に、次のような方は残念ながら縛りなしWiFiをおすすめすることができません。

  • モバイルWiFiルーターのなかでも最新機種を使いたい
  • 端末の機種は自分で選びたい
  • クレジットカードではなく口座振替で支払いたい

確かに、WiFiルーターの機種を自分で選択できないのは大きなデメリットではありますが、月額を抑えて解約時のことを気にせずWiFiを使いたいという方には非常におすすめです。