ワイマックススピード制限時の対処方法

気になるWiMAX速度制限の通信状態は?解除・対策方法も一緒に解説
気になるWiMAX速度制限の通信状態は?解除・対策方法も一緒に解説

モバイルwifiルーターは場所選ばずに高速インターネット通信が楽しめるいっぽう、速度制限になってしまうと、動画視聴やサイト閲覧できるなくなってしまうので非常にストレス

そこで、正しく制度や仕組みを理解して速度制限を回避できるよう、ここではWiMAXの速度制限について詳しく解説していきます。

インターネットをよく利用する人でWiMAXの購入を検討している人はぜひ確認してみてください。

WiMAXの速度制限は利用プランによって異なる

WiMAXには、現在のところ「ギガ使い放題プラン」と「月間7GBプラン」の2種類があります。

ここでは、それぞれのプランが速度制限になる条件やルールについてまずは解説していきます。

「ギガ放題プラン」の制限ルールを確認

「ギガ放題プラン」の制限ルールを表現している画像

速度制限にかかる条件は3日10GBと緩め

ギガ放題プランは、その名の通りインターネットが使い放題のプランで、月間データ容量は無制限。

高速インターネット通信を大容量で使いたいという人に最適なWiMAX自慢のプランです。

ただし、月間データ容量が無料でも、短期間で大量のデータを使用した場合は速度制限の対象になってしまいます。

その目安は、直近3日間でWiMAX2+およびLTE方式の通信料が合計10GB以上になった場合です。

3日間で10GBと言ってもどれくらい使えるのかイメージ湧きませんよね?

パソコンでホームページを見るなら約26,000回表示と非現実的ですが、動画視聴となるとちょっと現実的になってきます。

気になる動画は、Youtubeの高画質で約16時間視聴できるのでなんとかクリアできそうですが、DAZNだと約3.3時間で10GB を超えてきてしまうので要注意。

いくらWiMAXのギガ放題プランでも動画視聴についてはちょっと気を付けたほうが良いかもしれません。

ただし、速度制限でも最大1Mbpsの通信速度はあるので、Youtubeなら標準動画で視聴できるなど最低限のスピードは確保してくれているようです。

速度制限の期間は翌日の夜間8時間と良心的

WiMAXのギガ放題プランで速度制限を受けると翌日の混雑時間帯(18時から翌2時)の8時間は速度が最大1Mbpsと大幅に速度が低下してしまいます。

しかし、この規制時間帯を過ぎるとその後は速度制限が解除されるので、例え通信制限になっても翌日の夜8時間を我慢すれば済むだけの話です。

ただし、制限時間帯であるAM2時より前からWiMAXを利用している場合は、2時を過ぎても最大6時まで速度制限になってしまうことも。

この場合は、一度、セッションの切断を行いリセットすることで元の速度に回復させてください。

「月間7GBプラン」の制限ルールを確認

「月間7GBプラン」の制限ルールを表現している画像

速度制限にかかる条件は1月7GBなので厳しい

UQ WiMAXやBroad WiMAX提供のライトプランは、インターネットの利用量が少ない人向けのプランなので、料金が安い分データ容量は月7GBと限定的。

1ヶ月7GBしか利用できないので、WiMAX1本で生活する人というよりは、外出先で高速インターネット通信をちょっと利用したい人に最適なサービスです。

また、ギガ放題の3日10GBに対し、1ヶ月7GBと非常に厳しい上限が設けられているので、使い過ぎには注意しておく必要があります。

しかも、最大速度は128Kbpsと、こちらもギガ放題に比べて大きく低下してしまうため、動画視聴のみならず、サイト閲覧も厳しいのが現実です。

したがって、WiMAX月7GBの契約を検討している人は動画視聴は回避し、スマホを使ったメールのやり取りや、1日1時間程度のサイト閲覧などに留めておいたほうが良いでしょう。

速度制限期間も1ヶ月ずっと123kbpsと厳しい

ライトプランの場合、速度制限になってしまうと月末まですっと継続してしまいます。

ギガ放題のように混雑時間帯に制限されることもなく、当該月はいつまでも遅い最大速度128Kbpsになってしまうので注意しておきましょう。

月初にもし上限を超えてしまえば、その月は使い物にならなくなってしまいます。

ルーター本体から現時点でのデータ通信量を確認する方法

WiMAXで使用するモバイルwifiルーターの端末には、事前の設定が必要ですが、現在のデータ通信量を確認できる機能「通信量カウンター」があります。

これを定期的に確認しておけば、知らないうちに速度制限に引っかかってしまうリスクを防止可能です。

最新機種であれば、ホーム画面にWiMAXの加入プランに合わせて3日10GB、あるいは7GBの通信量を表示できるよう設定できるので、自分がどれだけ通信しているか、または無駄にデータを消費していないかの確認してみましょう。

ハイスピードプラスエリアモードの速度制限は要注意

ハイスピードプラスエリアモードの注意喚起画像

WiMAXには、LTE対応の機種ならWiMAX2+に加えてauの4G LTE回線が利用できるハイスピードプラスエリアモードというオプションがあります。

これなら、WiMAX2+では電波が届かないところでも繋がりやすいと評判のau回線を使って高速インターネットが利用できるため、よりストレスフリーなインターネット環境を実現。

ただし、便利なプランではあるいっぽうで注意点もあります。

まず、オプション料金であるため、プランによっては月額1,005円の料金が発生。

また、ハイスピードエリアプラスモードは月間7GBしか利用できないとう制約もあります。

特に注意したのが、もしハイスピードプラスエリアモードで月間7GBを超過して速度制限になってしまった場合、通常のハイスピードモードであるWiMAX2+も同様に速度制限になってしまいます

しかも、この場合は翌日の混雑時間帯だけでは解除されず、当該月はずっと継続して速度制限の対象になるので注意してください。

速度制限も最大10Mbpsではなく、123kbpsと非常に厳しい措置になるのでデータ使用量は最新の注意を払うことが重要です。

モード 対象回線 速度制限 最高速度 制限期間
ハイスピードモード WiMAX2+ 3日10GB 10Mbps 翌混雑時間帯(8時間)
ハイスピードプラスエリアモードモード WiMAX2+ au 4G LTE 月7GB 123kbps 当該月

速度制限はWiMAX以外のサービスでもあるの?

通信速度の制限が設けられているのはWiMAXだけでなく、モバイルwifiルーターは基本的に設定されています。

では、一体どれくらいのデータ容量と速度制限が設定されているのでしょうか。

分かりやすいようにWiMAXと他社のモバイルワイファイを一覧でまとめてみましたので確認してみて下さい。

他社のモバイルwifiルーターと比較

サービス名 WiMAX Y!mobile docomoWiFi
データ容量 無制限 7GB 無制限※ 7GB 5GB
速度制限 3日10GB 月7GB 3日10GB 月7GB 月5GB
最大速度 1Mbps 128Kbps 1Mbps 128Kbps 128Kbps

※アドバンスモードを利用すれば実質無制限

以上のように、WiMAXはauと同じくKDDIグループで、Y!mobileもソフトバンクの系列であるため、大手携帯電話会社3社では、それぞれモバイルwifiサービスを提供していることになります。

データ容量に対する各社の速度制限や最大速度の数字は各社横並びで違いはありません。

そして、無制限プランを用意しているのはWiMAXとY!mobileですが、おすすめはやはりWiMAXです。

Y!mobileもアドバスモードを利用すれば上限7GBを超えて実質無制限状態でインターネット通信を行えますが、そもそもアドバンスモードが利用できるエリアが限定的なのがネック(※3日10GBの速度制限あり)。

さらに、動画や画像などのファイルを閲覧・視聴する際は通信速度の制御が行われるため、速度は遅くなってしまうえ、通信量を抑えるために動画や画像のファイルは最適化されてしまうため、質の悪い画質になってしまう可能性があります。

WiMAXの場合はY!mobileのようなデメリットは実施ていないので、純粋に無制限プランでモバイルwifiを利用するなら選択肢はWiMaxの1択です。

WiMAXの通信制限を防ぐおすすめ対策法

通信制限の対策法を表現した画像

データ使用量を把握する

速度制限にならないようにするためには、利用目的によってどれくらいのデータ量が生じるかを把握しておくことです。

そうすれば、速度制限にならない範囲内で上手に高速ネット通信を使用し続けることが可能です。

WiMAXのギガ放題プランであれば、速度制限措置も緩いのでそこまで問題になりませんが、月間7GBプランだと速度制限になるとその月は全く使い物にならなくなるため下記のデータ消費量のまとめはぜひ把握しておくことをおすすめします。

データ消費量の目安まとめ(1GB)

動画視聴 YouTube(高画質) 約1.5時間
ビデオ通話 LINE:約3時間、FaceTime約6.5時間
メール送信 約2,090通(約500KB/通)
サイト閲覧 約3,490ページ(約300KB/ページ)

固定回線との併用

外出先でのインターネット通信の利用頻度はそこまで高くないけど、自宅にいある場合は動画視聴やネット閲覧などよく行う人は、WiMAXの1月7GBプランと固定回線との併用を検討することも1つの方法です。

それでも速度制限になる場合

ギガ放題プランに変更

月間7GBプランで頻繁に速度制限になってしまう場合は、WiMAXのギガ放題プランに変更することをおすすめします。

料金プランの変更は翌月から適用されるため、当初はWiMAXの使用する機会は少ないと思っていたものの、環境が変わったり、期待以上に使い勝手が良いと思いデータ消費量が増えた場合は、速度制限の緩いギガ放題プランに変更すると良いでしょう。

ただし、他の契約プランに変更する場合、契約解除料はありませんが、おトク割やキャンペーン価格などの適用期間中であれば、当該特典が引継ぎされないケースもあるので、変更前の注意が必要です。

スマホのアプリ設定を確認

WiMAXをそんなに利用していないのにデータ量が消費されている経験はありませんか?

特に、スマートフォンに常時接続していると、使用していないときでも勝手に通信を行っていることがあります。

たとえば、アプリを利用していなくてもバックグラウンドで自動的に通信が行っているケース

この場合、無駄にデータ通信が行われ速度制限に達してしまうというリスクも否定できないので、普段あまり使用していないアプリがバックグラウンドでデータ通信を行っている場合は、設定のオフ削除で対応することをおすすめします。

また、WiMAXの端末を利用しない場合は電源オフにする習慣をつけておくことも無駄なデータ通信を防ぎ、速度制限の対策には効果的です。

【まとめ】WiMAXギガ放題プランなら速度制限は気にすることなし!

ここまでWiMAXの速度制限について、ギガ放題プランと月間7GBプランとをそれぞれ解説してきました。

結論を言うと

  • ギガ放題プランなら速度制限の期間や最大速度は死活問題にはならない
  • ハイスピードプラスエリアモードの使用時は要注意
  • 他のポケットwifiよりWiMAXの速度制限は良心的

モバイルwifiルーターと言えばWiMAXと言われるほど口コミ評判が高い理由が理解できたかと思います。

やはり、モバイルwifiルーターは固定回線と違って完全な無制限ではないため、速度制限の上限や制限期間並びに制限時の最大速度が非常に気になるところです。

その点、WiMAXのギガ放題プランは他社のサービスと比較しても「ほぼ無制限」で利用できるサービスだと言えるでしょう。