最も安くワイマックスを契約するには?

WiMAXプロバイダ最安比較!最もお得に契約できるのはここ!
WiMAXプロバイダ最安比較!最もお得に契約できるのはここ!

「WiMAXを契約しようと思っているけど、色んなキャッシュバックや割引があって選べない。」

「どうせなら最安のプロバイダで契約をしたい」

WiMAXのプロバイダを選んでいる際にみなさん1度はこのように思われるのではないでしょうか?

確かに、せっかく契約をするのであれば、最安値で済ませたい、でも1社ずつ自分で比べていくのは非常に面倒ですよね。

そこでこの記事では上記のように思われているあなたに向けて、最新の月額料金・キャンペーン情報をお届けします。

今現在どのプロバイダでWiMAXを契約するのが最安なのか、プラン別にご紹介していきたいと思います。

WiMAX最安契約のコツは契約の仕方にある?

WiMAXプロバイダの契約をおすすめしている画像

WiMAXを契約するには以下の3つの方法がありますが、どこで契約するかによって、最安値を選択できるかどうかの最初の分かれ道になっています。

  • 家電量販店で契約する
  • auの店頭ショップで契約する
  • 各プロバイダのWebサイトから申し込む【最安値】

みなさんはどこで WiMAXを契約しようと考えていましたか?

実は、上記のうち家電量販店とauの店頭ショップを選んでしまった時点で最安値にはなりません。

というのも、上記の2つでは基本的に月額料金の割引がなく、キャッシュバックはあっても多くて10,000円程度。

そのため、その場でスタッフの人に色々質問することができるということ以外にメリットがなく、最安値で契約をすることは不可能になってしまうんです。

対してWiMAXプロバイダの公式ホームページからの直契約の場合、月額が通常よりも割引されていたり、キャッシュバック額が非常に高いという最大のメリットがあります。

というのも、Webを中心にしているプロバイダは、価格競争が激しいためどうにかして他者と差別化をしなければなりません。

そのため、支払い方法をクレジットカードに限定する等の企業努力によって、どうにかしてユーザーに還元しようとしているプロバイダで契約することが、最安値への第一歩です。

最安値の比較は実質総額で!

貯金箱とお金の画像

最安のプロバイダをご紹介する前に、プロバイダを比較する上で前提知識として知っておいて欲しいことがあるので、まずはそちらについてお話しさせてもらいます。

というのも、既にご存知かもしれませんが、WiMAXというのはどのプロバイダで契約をしても対応エリアや通信速度に違いは出ません。

どのWiMAXプロバイダであっても、使用しているのは同じWiMAX回線。プロバイダが違うからといって、回線自体には何の変化もないんです。

そのため、皆さんが必ずチェックしなければならないのは、

  1. どんな機種が使えるか、最新機種は使えるか
  2. キャッシュバックを含めた3年間の実質費用

上記の2点にだけ気をつけてプロバイダを選べば大丈夫です。

先程述べた通り、同じWiMAX回線を使っている以上どこのプロバイダであっても通信の質は変わりませんが、使っている端末のタイプによって性能が変わってきます。

もちろん最新機種の方が改良がされているので、電波の受信感度が高くなっていたり、より高速で通信を行えるようになっていたりします。

特にモバイルWiFiルーターのW06は、旧端末に比べて飛躍的に性能が向上しており、下り最大速度1.2Gbpsをマークしていますし、高性能ハイモードアンテナを搭載しているので、これまで電波が届きにくかった室内でも受信感度が向上しています。

そのため、こういった最新機種を利用することができるかどうかは、WiMAXプロバイダを選ぶ上で非常に重要になってきます。

また、WiMAXプロバイダを最安で選びたいのであれば、単純に月額料金を比較していてはいけません。

というのもWiMAXプロバイダの中には月額料金を安価にしている会社もあれば、高額なキャッシュバックで還元をしている会社もあります。

月額割引に関しても期間によって変動するものから一律のものまで、多様な設定がされています。

そう、各社さまざまな形でお得な料金設定をしているんです。

そのため必ず3年間の支払い総額からキャッシュバック金額を引いた実質の総額を比較して最安のところを見極めましょう。

WiMAXのプラン別最安値比較!

WiMAXには「月間通信量に7GBの制限があるライトプラン」と「月間通信容量無制限のギガ放題プラン」の2つのプランがあります。

今回はその両方のプランそれぞれで、キャッシュバックを加味した3年間の実質負担総額の比較をしていきたいと思います。

月間7GBプラン

WiMAXプロバイダ名 3年総額 キャッシュバック・割引
GMOとくとくBB 98,424円 34,500円のキャッシュバック
Broad WiMAX 108,336円 初期費用(18,857円)全額無料
カシモワイマックス 113,468円 カシモおトク割引適用
So-net 125,040円 月額料金割引キャンペーン適用
@nifty 151,450 円
UQ WiMAX 136,056円

ギガ放題プラン

WiMAXプロバイダ名 3年総額 キャッシュバック・割引
GMOとくとくBB 120,660円 34,500円のキャッシュバック
JP WiMAX 124,100円 Amazonギフト券10,000円分
BIGLOBE 155,480円 端末購入で7,000円キャッシュバック
Broad WiMAX 131,626円 初期費用(18,857円)全額無料
カシモワイマックス 135,668円 カシモおトク割引適用
So-net 148,656円 月額料金割引キャンペーン適用
@nifty 173,890円 -
UQ WiMAX 158,628円 -

このように月間7GBプラン・月間通信容量に制限がないギガ放題プランともに、3年間の実質負担総額で考えると「GMOとくとくBB」が最安値のプロバイダに輝きました。

GMOとくとくBBは、月額料金は契約月〜2ヶ月目が3,609円、3ヶ月目以降は4,263円とそこまで安くはないのですが、なんと言っても魅力は34,500円の高額キャッシュバックです。

契約する端末によってキャッシュバック金額は変動しますが、Wシリーズ最新機種のW06にすることで満額のキャッシュバックを受け取ることが可能。

ただし、このキャッシュバックというのは非常に注意が必要で、実はWiMAXを契約した人の半数以上がこのキャッシュバックを受け取れていないというのが現状です。

「え、キャッシュバックを受け取れないんじゃ、最安値の意味ないじゃん・・・」

と思った方、まさにその通りで上記の表はあくまでキャッシュバックを受け取とると仮定して最安値となっています。

そのため、きちんとキャッシュバックを受け取らないと実は損していたといったことになりかねません。

というのもGMOとくとくBBやBIGLOBEといった高額キャッシュバックが魅力的なWiMAXプロバイダは、特典の受け取り方法が複雑かつ忘れた頃にその話がやってくるからなんです。

少しキャッシュバックの受け取りについて詳しく見ていきましょう。

高額キャッシュバックの落とし穴?キャッシュバックを受け取るには?

GMOとくとくBBのサービス画像 画像引用元:https://gmobb.jp/lp/gentei8/

月額最安値でWiMAXを利用しようと思うと、GMOとくとくBBのキャッシュバックの受け取りは必須です。

もしキャッシュバックを受け損なってしまうと、最安値どころか比較的高額な負担となってしまいます。

では、どうすればキャッシュバック特典を受け取ることができるのか?GMOとくとくBBでキャッシュバックを受けるには以下の手順が必要です。

  1. 発送月を含む11ヶ月目に契約時に作成したGMOのメールアドレスに案内メールアドレスが到着
  2. 案内に従って手続きをし、キャッシュバック受け取り口座の指定をする

ちなみにこの案内メールが届いてから、翌月末までに登録を完了させないとキャッシュバック特典を受け取ることはできません。

つまり、忘れた頃に普段確認もしていないようなメールアドレスに連絡が来るため、受け取っていない人が続出しているんです。

また途中解約した場合もキャンペーン等の特典は無効とされることが多いということも覚えておきましょう。

これが高額キャッシュバックの落とし穴なので、もし本当に最安値でWiMAXを利用したい方は、必ずキャッシュバック特典を受け取るようにしてくださいね。

逆に、上記のような話を聴くと、リスクを犯さずに単純に月額料金のみで考えて最安値のプロバイダで契約したいと考える方もいらっしゃるかと思います。

そこで以下では、キャッシュバックなしで純粋に月額料金の安さだけで見て、最安のWiMAXプロバイダはどこなのかを比較していきたいと思います。

月額料金の安さで考えるならどこ?

キャッシュバックは受け取り損ねてしまうリスクがあるとご説明しましたが、そういったリスクを考えなくても良い、そもそもの月額料金に割引が適用されているプロバイダについて見ていきたいと思います。

月間7GBプラン

WiMAXプロバイダ名 3年総額 キャッシュバック・割引
Broad WiMAX 108,336円 初期費用(18,857円)全額無料
カシモワイマックス 113,468円 カシモおトク割引適用
So-net 125,040円 月額料金割引キャンペーン適用
@nifty 151,450円
UQ WiMAX 136,056円

ギガ放題プラン

WiMAXプロバイダ名 3年総額 キャッシュバック・割引
Broad WiMAX 131,626円 初期費用(18,857円)全額無料
カシモワイマックス 135,668円 カシモおトク割引適用
So-net 148,656円 月額料金割引キャンペーン適用
@nifty 173,890円
UQ WiMAX 158,628円

さて、月額料金そのものの安さで見ていくと、月間7GBプラン・ギガ放題プランともにBroad WiMAXがもっとも最安値となりました。

BroadWiMAXのギガ放題プランはキャッシュバックはないものの、契約月から24ヶ月目まで2,726〜3,411円というかなり安価な月額料金で利用でき、25ヶ月以降も4,011円と業界最安クラス。

もし、キャッシュバックの受け取りに不安があるが最安値で契約したいという方はBroadWiMAX一択と言えるでしょう。

ここまで、プラン別・割引方法別で最安値の WiMAXプロバイダがどこなのかを見てきましたが、料金以外の魅力は各社様々です。

そこでここからは、キャッシュバックで大幅に実質負担総額が安くなる「GMOとくとくBB」とそれに続く「JP WiMAX」「BIGLOBE」、月額利用料が最安の「Broad WiMAX」の詳しいサービス情報について見ていきたいと思います。

GMOとくとくBBはキャッシュバックだけじゃない?

WiMAXプロバイダ GMOとくとくBB の基本スペック

月額料金
  • 初月〜2ヶ月目
    3,609円
  • 3ヶ月目〜24ヶ月目
    4,263円
  • 25ヶ月目〜
    4,263円
キャッシュバック、割引 34,500円
取扱端末
  • モバイルルーター
    W06・WX06
  • ホームルーター
    L02・ WiMAX HOME 02
端末代金 0円
契約事務手数料 3,000円
支払い方法 クレジットカードのみ
auスマートバリューmine 適用可能

GMOとくとくBBの魅力はなんと言っても「業界最高額の超高額キャッシュバック」が貰えるところです。

このキャッシュバックがあるからこそ、3年間の実質負担総額も業界最安となっているため、キャッシュバック特典は必ず受け取るようにしたいですね。

また、GMOとくとくBBはキャッシュバック以外にも魅力的な点がいくつかあります。

まずGMOの魅力の1つ目は、契約申し込みから端末の配送までが非常に早い点。

平日の15時半までもしくは土日祝日は14時までに申し込めば最短即日発送を行ってくれます。

しかも全国送料無料なのは嬉しいポイントです。

そして、GMOにはクーリングオフに似た制度で「初期契約解除制度」というものがあります。

これは契約後20日以内であれば違約金無料で解約ができるというもの。

事務手数料3,000円は返金されませんが、いざ WiMAXを使ってみて「思ったようにネットが繋がらなかった・・・」という場合には、無料で解約できてしまいます。

また、GMOとくとくBBでは WiMAXを20ヶ月以上利用していれば、端末代無料で機種変更が可能となりました。

上記によって「3年契約は少し長いかも、その間に最新端末が出たらどうしよう・・・」と不安だった方も安心です。

対してGMOのデメリットについては「有料オプションに加入しなければならない」というのが挙げられます。

GMOとくとくBBで WiMAXを契約する際には、安心サポートという有料サポートに加入が必須となっています。

そのため、契約後にきちんと有料オプションの解約をしておかないと、毎月その分だけ余計な費用を支払うことになってしまうので、注意しましょう。(サポートが必要な方からすると余計ではありませんが)

JP WiMAXは特典と割引のバランス型

JPWiMAXのサービス画像 画像引用元:https://jpwimax.jp/

JPWiMAXの基本スペック

WiMAXプロバイダ JP WiMAX
月額料金
  • 初月〜3ヶ月目
    2,800円
  • 4ヶ月目〜24ヶ月目
    3,500円
  • 25ヶ月目〜
    4,100円
キャッシュバック、割引 Amazonギフト券10,000円分
取扱端末
  • モバイルルーター
    W06・W05
  • ホームルーター
    L02
端末代金 0円
契約事務手数料 3000円
支払い方法 クレジットカードのみ
auスマートバリューmine 適用不可

JP WiMAXの魅力は、月額料金が3年間ずっと安いにも関わらず、キャッシュバックとしてAmazonギフト券10,000円分が貰えるところです。

通常、実質負担総額が安くなるのは、キャッシュバックが高額だからor月額料金が格安だから、のどちらかに偏ることが多いです。

しかしJP WiMAXの場合は、その両方を実現しまさにバランスの良い WiMAXプロバイダとなっています。

また、キャッシュバックキャンペーンを行なっている他の会社と違い、キャッシュバックを受けるとための条件がシンプルで、しかも即日貰えるという点も魅力。

高額キャッシュバックは数ヶ月後に普段使用していない特殊なメールアドレスに案内が来るなど、非常に複雑になっていて受け取り損なっている方がたくさんいます。

しかしJP WiMAXの場合は、WEB申し込み後に自動でギフト券申請URLが記載されたメールが到着、その後端末登録後にわかる契約IDを記入して提出をすると、最短当日でギフト券コードが記載されたメールが送られて来ます。

このように、キャッシュバックを確実に受け取ることができるようになっている点はJP WiMAX独自のメリットだと言えますね。

JP WiMAXのデメリットとしては、以下の2点が挙げられます。

  • 解約金が他のプロバイダに比べて高額
  • auスマートバリューmineの対象外

JP WiMAXは他のプロバイダに比べて解約違約金が高く設定されています。一般的には1年未満の場合19,000円が WiMAX業界では主流となっていますが、JP WiMAXは30,000円。

それ以降も相場よりも10,000円以上高く設定されています。

また、ここでピックアップした WiMAXプロバイダの中で唯一auスマートバリューmineの適応外です。

こちらはauユーザーでなければ特に気にすることはないのですが、デメリットの1つと言えるでしょう。

月額利用料が最安のBroadWiMAX

BroadWiMAXの基本スペック

BroadWiMAXのサービス画像 画像引用元:https://wimax-broad.jp/
月額料金
  • 初月〜2ヶ月目
    2,726円
  • 3ヶ月目〜24ヶ月目
    3,411円
  • 25ヶ月目〜
    4,011円
キャッシュバック、割引 初期費用全額無料
取扱端末
  • モバイルルーター
    W06、WX05
  • ホームルーター
    L02、WiMAX HOME 01
端末代金 0円
契約事務手数料 3,000円
支払い方法 クレジットカード、口座振替
auスマートバリューmine 適用可能

キャッシュバックはないものの、その分月額料金が業界最安クラスとなっているBroadWiMAXは月間7GBプランも使い放題プランも共に月額料金が最安

そのためキャッシュバックの受け取りに自信のない方には、BroadWiMAXをおすすめします。

また、実はBroadWiMAXのみが行なっているサービスが「違約金負担サービス」。

これは、既にどこか違うプロバイダで WiMAXを契約している人を対象に、解約する際にかかる解約違約金をBroad WiMAXが負担してくれるというもの。

WiMAXは基本的に3年契約となっていますし、更新月以外に解約をする場合は4,500円〜30,000円もの違約金が請求されます。

その解約違約金をBroadWiMAXが払ってくれるので、既にどこかで WiMAXを契約していて乗り換えを考えているという方には持ってこいです。

その他、BroadWiMAXは端末発送が非常に早く、しかも WiMAX業界初の店舗受け取りサービスも展開しています。

平日16時もしくは土曜日の正午までに申し込みをした場合、即日で端末を配送してくれるので、急ぎでインターネット環境が必要だという方におすすめ。

店舗受け取りに関しても、渋谷・秋葉原・大宮・梅田と店舗数は限りがありますが、東京や大阪にお住いの方でなかなか荷物を受け取ることができないという方は、ぜひ利用してみてください。

また、BroadWiMAXもBIGLOBEと同様で支払い方法に口座振替を選ぶことができる数少ない WiMAXプロバイダとなっています。

BroadWiMAXのデメリットとしては、電話がなかなか繋がらない、しかも解約方法が電話対応のみという点。

BroadWiMAXには電話問い合わせサポートが用意されていますが、そのサポートの電話が繋がりにくいという口コミが多く見られました。

また、解約の際にはWebサイトからの手続きができないため、サポートに問い合わせが必要です。

こういった点がデメリットとして挙げられます。

auユーザーはauスマートバリューmineの対象かを確認

実はauユーザー限定で、 WiMAXを契約することでお使いのスマホや携帯料金がさらに割引される「auスマートバリューmine」という割引プログラムがあります。

これまで見てきた通り WiMAXは各プロバイダがキャッシュバックや月額割引をすることで割引がなくても比較的安価で利用できるWiFiサービスです。

しかし、もしあなたがauユーザーなら、そこからさらに割引が適用される可能性があります。

auスマートバリューmineは、auのスマホや携帯を契約中の方が、対象のWiFiルーターを契約することで、スマホや携帯の料金が月々最大1,000円も割引されるというもの。

auスマートバリューmineにはauの店頭や問い合わせセンターへの電話で簡単に加入申し込みができます。

ただ、全ての WiMAXプロバイダでこのauスマートバリューmineを適用できるわけではありません。

ご紹介したプロバイダではJP WiMAX以外のGMOとくとくBB・BIGLOBE・BroadWiMAXの3社でauスマートバリューmineを適用できます。

プランはどちらを選ぶのが良い?

プランの選択肢に迷っている画像

WiMAXには通信容量の違いで「月間容量7GBの通常プラン」と「月間通信容量無制限のギガ放題プラン」の2つのプランがあります。

料金だけで見ると、月間7GBの通常プランの方が若干安くなりますが、もしどちらのプランにするか迷っているのであれば、ギガ放題プランで加入することをおすすめします。

というのも、通常プランとギガ放題プランの月額料金の差は月々700円程度。

通常プランの場合、1度速度制限がかかってしまうと翌月になるまで制限が解除されませんし、その間は動画の視聴はおろかウェブサイトの閲覧すらできないほど厳しい通信制限が掛かります。

その点、ギガ放題プランであればそういった心配をせずインターネット使い放題で思う存分ネットを楽しめます。

ただし、ギガ放題はデータ通信量の上限はありませんが、3日間で10GB以上使用してしまうと速度制限が掛かります。

とはいえ、速度制限は通常プランのように翌月まで待つ必要はなく、速度制限に達した翌日の18時〜2時まで下り最大速度1Mbpsになるというもの。

ちなみに、どれくらい使うとこの10GBに達してしまうのか、気になるところですよね?

いくつか例を出すと、YouTubeであれば標準画質で1日あたり15時間も視聴できますし、Netflixであれば3時間の視聴、これを3日間続けると大体10GBになります。

これを聞くと、「そんなに使わないかも」「10GBの速度規制ってそんなに辛くないかも」と思ったのではないのでしょうか。

また、速度制限が掛かっても数時間で制限は解けるので、そういった面からもギガ放題プランの方がおすすめです。