WiMAXはドコモで契約できるのか?

ドコモユーザー必見!?WiMAXとの組み合わせで料金が安くなる!
ドコモユーザー必見!?WiMAXとの組み合わせで料金が安くなる!

携帯やスマホをドコモで契約しているドコモユーザーなら、モバイルWiFiルーターもドコモで契約しようと思っている方が多いでしょう。

しかし、ドコモユーザーがだからといって、ドコモのモバイルWiFiルーターを契約するのがいいとは限りません。

というのも、実は ドコモユーザーでも、モバイルWiFiルーターはUQコミュニケーションズが提供する「WiMAX」を使う方が料金が安くなることが多い んです。

当記事では、なぜドコモユーザーにもWiMAXがおすすめなのか、ドコモのモバイルWiFiルーターと料金・月間データ容量・速度などを比較しながら解説します。

ドコモはWiMAXとセット割できない

WiMAXとドコモはセット割がない

「WiMAXとの組み合わせで料金が安くなる」と聞くと「WiMAXのセット割でドコモの携帯やスマホの月額料金を節約できるのでは?」期待された方も多いでしょう。

先に誤解を解いておくと、残念ながら WiMAXではドコモのスマホとのセット割はできません

WiMAXでセット割ができるのはUQモバイルとauの携帯・スマホだけです。

「スマホのセット割できないなら、わざわざWiMAXを選ぶ必要ないじゃん」と思われるかもしれません。

また、ドコモでもモバイルWiFiルーターを取り扱っているので、そちらを使おうと考えるドコモユーザーの人も多いでしょう。

しかし、たとえ ドコモユーザーであってもWiMAXを使う方がおすすめです。

なぜ、ドコモのモバイルWiFiルーターではなく、WiMAXの方をおすすめするのか、その理由について解説していきます。

ドコモにもモバイルWiFiはあり!ただし……

2019年12月現在、ドコモでは次の3種類のモバイルWiFiを販売しています。

  • Wi-Fi STATION SH-05L
  • Wi-Fi STATION HW-01L
  • Wi-Fi STATION N-01J

上記のモバイルWiFiルーターを購入し、ドコモのSIMカードを入れることで、スマホと同じドコモの高速回線を使って日本全国でネットを楽しむことができるようになります。

ただし、このドコモのモバイルWiFiルーターにはデメリットがいくつかあります。

データ容量はスマホとシェア!モバイルWiFiルーター向け専用プランなし

ドコモにはモバイルWiFi向け専用プランがありません。

ドコモでモバイルWiFiを使うには、ドコモのスマホのパケットパックなどを契約し、更に月額1,000円のデータプラスという有料オプションを付けることになります。

データプラスを付けることで、現在スマホで使っているプランのデータ容量をモバイルWiFiルーターでシェアできるようになります。

ここで注意したいのが、データプラスを付けても、あくまでスマホプランのデータ容量をモバイルWiFiルーターでシェアができるようになるだけ、という点。

月間30GBの「ギガホ」を契約している方なら、30GBをスマホとモバイルWiFiルーターでシェアすることになります。

容量的には、スマホでテザリングする時と変わらないわけですね。

モバイルWiFi用にデータ容量が増えるわけではないので、WiFiで大容量通信をしたい人は要注意です。

月額料金が高い

ドコモのモバイルWiFiルーターは、スマホのプラン+データプラスで契約する必要があるため、月額料金が高くなりがちです。

参考までに、月間データ容量30GBの「ギガホ」にデータプラスを付けた場合の月額料金を見てみましょう。

ギガホ 6,980円
データプラス 1,000円
月額合計 7,980円

全く割引なしなら月額7,980円、ギガホ割・ドコモ光セット割・みんなドコモ割(家族にドコモユーザー3人)と、色々な割引を付けた状態でも月額4,980円もかかります。

この ドコモのモバイルWiFiルーターの月額料金は、数あるポケットWiFiサービスの中でも1,2を争うぐらい高いです。

割引で安くなった4,980円でも、あと200円~300円ほど足せば一般的な光回線の月額料金に並ぶ金額であることを考えると、やはりコスパは悪いと言えます。

スマホとのセット割がない

ドコモのポケットWiFiサービスを検討するのは、スマホとのセット割を期待するドコモユーザーだと思います。

しかし、実はドコモのポケットWiFiサービスにはスマホとのセット割がありません。

つまり、ドコモユーザーでも、料金面でドコモのモバイルWiFiルーターを契約するメリットはほとんどありません。

モバイルWiFiよりWiMAXの方が使いやすい

ドコモのモバイルWiFiルーターにもセット割がなくても、慣れ親しんだドコモのモバイルWiFiルーターを使おうと考える人も多いかもしませんが、おすすめできません。

なぜなら、ドコモユーザーの方でも大容量プランでドコモのモバイルWiFiルーターを使うより、「 スマホの少額プラン+WiMAX」と組み合わせて併用する方が断然便利でコスパが良いからです。

本当にWiMAXの方がお得かつ便利なのか、ドコモのモバイルWiFiルーターとWiMAXの速度・月間データ容量などを比較してみました。

通信速度の比較

それぞれのモバイルWiFiルーターの中で、2019年12月現在、最も最大速度が速い機種同士を比較しました。

ドコモ WiMAX
機種名 Wi-Fi STATION HW-01L Speed WiMAX W06
速度(下り) 最大1,288Mbps 最大867Mbps
速度(上り) 最大131.3Mbps 最大75Mbps

※いずれも理論値です。実際の速度とは異なることがあります。

最大通信速度は、ドコモのモバイルWiFiルーターの方が速いという結果になりました。

ただし、ドコモのモバイルWiFiルーターの下り最大1,288Mbpsというのは、PREMIUM 4Gという、東名阪の一部のエリアだけで提供されている高速回線を利用した時の速度になります。

もちろん、今後対象エリアが広がる可能性は高いですが、 ドコモの方も現状日本全国で最大1,288Mbpsで使えるわけではない 、ということは覚えておきましょう。

また、SNSやネットサーフィン、動画視聴ぐらいの用途であれば、それほど最大速度にこだわらなくても大丈夫です。

例えば、 YouTubeの公式ヘルプによれば、4K動画視聴時の推奨速度は20Mbpsです。

速度を何より重視するのであればドコモの方が良いですが、動画を視聴するぐらいの使い方であればWiMAXでも十分快適にネットを楽しむことができます。

月間データ容量の比較

動画やゲームをたっぷり楽しみたいなら、毎月使えるデータ容量も大切です。

ドコモのモバイルWiFiルーターとWiMAXのデータ容量は次の通りです。

ドコモ WiMAX
月間データ容量 最大30GB(ギガホ) 無制限

2019年現在、ドコモのモバイルWiFiルーターで契約できるのは、1~7GBまで使える従量課金プラン「ギガライト」と最大30GBの定額大容量プラン「ギガホ」のどちらかです。

一方、 WiMAXは、定額7GBプランの他に、月間データ容量無制限プランも定額で提供されています。

家族のスマホ、パソコン、タブレットなど複数の機器をネットに繋いで使う場合は、月間30GBでも足りないことも多いでしょう。

WiMAXの無制限プランなら、月間データ容量を気にすることなく、たっぷり使うことができます。

なお、後で詳しく解説しますが、「30GB以上も使わない」という方もギガホを契約するぐらいならWiMAXを契約した方がお得になります。

対象エリアの比較

WiMAXとドコモのエリア情報を比較 (左)https://www.nttdocomo.co.jp/area/servicearea/ (右)https://www.uqwimax.jp/wimax/area/tokyo/

上の画像は、東京近郊のドコモのモバイルWiFiルーター(左)とWiMAX(右)の対象エリアです。

ひと昔前までは、WiMAXの対象エリアはスマホに比べると狭いものでしたが、現在はそれほど差がないことがわかります

また、どちらのサービスでも、今後もエリア拡充予定と発表されているので、現在対象外のエリアも将来的にはモバイルWiFiルーターが使えるようになるかもしれません。

それぞれのサービス対象エリアはドコモ・UQ WiMAXの公式サイトで調べられるので、モバイルWiFiルーター契約前に自宅や勤務先が対象エリア内かどうかをチェックすることをおすすめします。

速度制限の比較

モバイルWiFiルーターの中には、使いすぎると速度制限されて快適にインターネットが使えなくなるところも多いです。

条件が厳しい速度制限があるモバイルWiFiルーターだと、いくら高速で大容量でもストレスになります。

そこで、ドコモののモバイルWiFiルーターとWiMAXの速度制限の条件と制限時の速度を比較しました。

ドコモ WiMAX
月間データ容量 最大30GB(ギガホ) 無制限
月間制限時の速度 最大1Mbps なし
その他の制限 なし 3日間で10GB
その他の条件での制限速度 なし 1Mbps
(翌日の18時から深夜2時まで)

ドコモの場合、契約プランの月間データ容量を超えた時に月末まで速度が制限されます。

月間データ容量以外の条件として、WiMAXには「直近3日間で10GB超える」というものがあり、この条件に引っかかった時は一時的に最大1Mbpsに速度制限されます。

ただし、この速度制限は「直近3日間の通信量が10GB未満になったらすぐに制限解除」「制限される時間帯は18時~深夜2時の間だけ」と非常に緩いものです。

また、もし、WiMAX無制限プランで3日間で10GBを超えないように使うとしても、毎月およそ90GBは使うことができます。

ドコモのモバイルWiFiルーターは、ギガホで月間最大30GBまでしか使えないと考えると、WiMAXは速度制限を考慮しても快適に使えると言えます。

ドコモユーザーでもモバイルwifiよりお得?

いよいよ1番気になる、ドコモのスマホ+モバイルWiFiルーターを使う際の月額料金について比較しましょう。

「ドコモスマホのプラン+モバイルWiFiルーターのプラン」の組み合わせにもいくつかありますが、今回は毎月たっぷりデータ通信をすると仮定して、ドコモ側は「ギガホ+データプラス」、WiMAX側は「ギガライト(1GB)+WiMAXの無制限プラン」の組み合わせで料金で比較します。

WiMAXはプロバイダごとに最低利用期間や月額料金などが違いますが、今回は3万円を超えるキャッシュバックがあるGMOとくとくBB×WiMAXの無制限プランの料金を使って計算しました。

ドコモ(ギガホ+データプラス) WiMAX+ギガライト
3年間総額(※1) 309,000円 231,840円
実質月額料金(※2) 8,584円 6,440円

※1 3年間総額 = 3年分のスマホ・ルーターの月額料金総額 + ルーターの初期費用 + ルーターの端末代- 割引・キャッシュバック

※2 実質月額料金=3年間総額を36ヶ月で割った平均。端末代や手数料も含むため、実際の月額料金とは違います。

スマホ+WiMAXにした方が、ドコモのモバイルWiFiルーターを使うよりも3年間総額で7万円以上もお得という結果になりました。

実質月額料金にすると、 WiMAXを使った方が毎月2,000円以上も安くなります。

ちなみに、ドコモのギガホは契約時から最大6ヶ月間、月額料金が1,000円割引される「ギガホ割」も適用済みですが、それでもWiMAXの安さには及びません。

しかも、 WiMAXは無制限プランのため、月額料金が安いのにギガホよりも月々使えるデータ容量が多いです。

ドコモユーザーでも、ドコモのモバイルWiFiルーターを使うより「たっぷり使えて安い」WiMAXを併用した方がずっとお得になるのは間違いありません。

WiMAXはプロバイダ選びが重要

ドコモユーザーでもWiMAXを使う方が断然お得ですが、WiMAXであればどこでもいい、というわけではありません。

WiMAXは、どこのプロバイダも本家UQ WiMAXと同じWiMAX2+回線を使っているため、基本的に速度などの回線の品質自体は一緒です。

しかし、 WiMAXプロバイダごとに月額料金や端末代、割引・キャッシュバックなどの特典が違う ため、かかる費用も契約するプロバイダによって大きな差が出てきます。

そのため、WiMAXをお得に使うには、プロバイダ選びが重要になってきます。

お得度の高いおすすめプロバイダは?

「プロバイダ選びが重要と言われても、WiMAXプロバイダが多過ぎてどこを選べばいいかわからない」という方も多いでしょう。

当サイトでは、数あるWiMAXプロバイダを比較した結果、最もお得で使いやすいおすすめWiMAXプロバイダの紹介も行っています。

WiMAXの契約を考えている方は、ぜひ下記の記事もご覧ください。