WiMAXをで固定IPアドレスが設定できるかを解説

WiMAXで固定IPアドレスが必要なケースとは?設定方法と注意点まとめ
WiMAXで固定IPアドレスが必要なケースとは?設定方法と注意点まとめ

わたしたちがインターネットに接続する際は、「IPアドレス」と呼ばれる値が必要になります。

IPアドレスは割り振り方などで複数の種類に分けられており、中でも重要となるのが「グローバルIPアドレス」と「固定IPアドレス」です。

グローバルIPアドレスや固定IPアドレスを持つことで、外部からのアクセスや特定のオンラインゲームのプレイが可能となります。

ここでは、IPアドレスの種類と役割、またWiMAXで固定IPアドレスを取得する方法について解説しています。

WiMAXでグローバルIPアドレスや固定IPアドレスを持ちたいという方はぜひ参考にしてみてくださいね。

固定IPアドレスとは?IPアドレスの種類と役割

IPアドレスを表現した画像

WiMAXだけでなく、インターネット接続を行う全ての機器に割り当てられるのがIPアドレスです。

IPアドレスという言葉を知らなくてもインターネットは利用できるので、どこで必要になるのかよく分からないという方も多いのではないでしょうか。

しかし特定の操作を行う場合には、WiMAX端末に割り当てられるIPアドレスの種類が重要となってきます。

まずは、IPアドレスにどのような種類があるのか、またその役割について詳しく解説していきます。

そもそもIPアドレスとはなにか

IPアドレスとは、インターネット上における「住所」のような存在です。

1つの端末に対して1つのIPアドレスが必ず割り当てられ、情報の送受信を行う目印として機能しています

IPアドレスは自分の端末を識別するものなので、他の誰とも重複することがありません。

このIPアドレスには、外部との通信に必要な「グローバルIPアドレス」と、プロバイダ内で利用される「プライベートIPアドレス」の2種類があります。

また割り当て方によって「動的IPアドレス」と「固定IPアドレス」という呼び方も存在します。

それぞれの違いを順に見ていきましょう。

グローバルIPアドレス

グローバルIPアドレスとは、インターネット接続を行う機器1つ1つに割り振られている番号のことです。

「XXX.XXX.XXX.XXX」と表記され、それぞれ0~255までの値が入ります。

グローバルIPアドレスは約43億通りあり、IPアドレスの仕組みが作られた当時は十分だと考えられていました。

しかし、時代と共にIT技術が進化し、43億では足りない可能性が出てきているのです。

そこで誕生したのが次に説明するプライベートIPアドレスです。

プライベートIPアドレス

プライベートIPアドレスとは、プロバイダ内部でのみ利用できるローカルな番号のこと。

1つ1つの機器にはプライベートIPアドレスを割り当て、外部と通信する際にプロバイダ保有のグローバルIPアドレスへ変換する仕組み(=NAPT)となっています。

これによりグローバルIPアドレスの不足を解消し、より多くの人がインターネットを利用できるようになりました。

動的IPアドレスと固定IPアドレスの違い

IPアドレスはグローバル・プライベートだけでなく、割り当て方によって「動的IPアドレス」と「固定IPアドレス」の2種類に分けられます。

動的IPアドレスは、インターネットに接続する際に都度割り当てられる変動的な番号のことです。

一方固定IPアドレスは、何度接続しても変わらない固定の番号を指します。

グローバルIPアドレスもプライベートIPアドレスも基本的には動的IPアドレスが発行されます。

グローバルIPアドレスを固定IPアドレスにしたい場合は別途契約が必要です。

固定IPアドレスが必要となるケースについては後ほど詳しく解説していきます。

WiMAXにおけるグローバルIPアドレス

WiMAXは2015年頃までグローバルIPアドレスのみが使われていました。

現在はIPアドレスの枯渇対策としてNAPTの仕組みを導入し、プライベートIPアドレスの割り当てが行われています。

しかし中には、WiMAXでグローバルIPアドレスを利用したいという方もいますよね。

WiMAXでグローバルIPアドレスを使う場合は、次の項目で紹介するオプションの契約が必要です

WiMAXでグローバルIPアドレスを利用する方法

グローバルIPアドレスを表現した画像

WiMAXにはグローバルIPアドレスオプションと呼ばれるサービスが用意されています。

続いて、グローバルIPアドレスオプションの料金や使い方、注意点などを詳しく見ていきましょう。

グローバルIPアドレスオプションの料金

WiMAXのグローバルIPアドレスオプションは月額96円となっています。

あらかじめ契約や申し込みをしておく必要はなく、WiMAX端末で設定を変更することで翌日午前2時頃から利用できるようになります。

オプションサービスに加入した月から料金が加算され、日割り料金はありません。

プロバイダによる違いもなく、どこで契約しても一律で月額96円がかかります

グローバルIPアドレスオプションの設定方法

グローバルIPアドレスオプションは加入後にルーター側でプロファイル作成の設定が必要です。

プロファイル作成の設定方法はルーターの機種によって異なるため、取扱説明書などで確認してみてください。

設定の際に必要な情報は以下の通りです。

設定内容
プロファイル名 任意
APN(接続先情報) wx2.uqwimax.jp
ユーザ名 global@wx2.uqwimax.jp
パスワード 0000 (ゼロ4つ)
認証タイプ CHAP
IPタイプ IPv4

オプション加入後に上記の設定をすると、WiMAX・WiMAX2+でグローバルIPアドレスを利用できます。

またLTEオプションに加入している場合はau 4G LTE回線の接続時も利用可能です。

グローバルIPアドレスオプションが不要になった場合は加入時と同様、ルーターの設定を変更することで解除できます

グローバルIPアドレス=固定IPアドレスではない点に注意

IPアドレスの種類の部分でもお伝えしましたが、グローバルIPアドレスは基本的に動的IPアドレスとなります。

つまり、グローバルIPアドレスオプションに加入しても固定IPアドレスを所有できるわけではないのです。

ルーターを接続し直したり切断したりすると、グローバルIPアドレスが変わる可能性があります。

固定IPアドレスが必要となるシーンでは、グローバルIPアドレスが変更されていないかどうか確認するようにしましょう。

またプロバイダによってはグローバルIPアドレスオプションに対応していない場合があります。

現在オプション契約が可能となっているのは以下のプロバイダです。

  • UQ WiMAX
  • GMOとくとくBB WiMAX2+
  • Broad WiMAX
  • BIGLOBE WiMAX 2+
  • So-net モバイル WiMAX 2+
  • @nifty WiMAX
  • DTI WiMAX 2+

またWiMAXプロバイダで固定IPアドレスのサービスを提供しているのはASAHIネットのみ

他のプロバイダを利用している場合は、InterLinkのマイIPサービスなどを契約することで利用可能となります。

グローバルIPアドレスを変わることのない完全な固定IPアドレスにしたい場合は、こちらの利用も検討してみてくださいね。

WiMAXでグローバル・固定IPアドレスが必要なケースとは

固定IPアドレスが必要なシーンを表現した画像

WEBサイトの閲覧やファイルのダウンロードなど、普段のネット利用においてはIPアドレスのオプション設定は不要です。

しかし、リモートアクセスをする場合や一部のオンラインゲームをプレイする際には固定IPアドレスが必要となります。

最後に、グローバルIPアドレスまたは固定IPアドレスを必要とするケースについて詳しく見ていきましょう。

自宅のパソコンに外部からリモートアクセスする

外出先から自宅のパソコンに保存されているファイルを開いたりデータを編集したりしたいという場合は、固定IPアドレスが必要です。

このケースでは、あらかじめ自宅にWiMAXルーターを設置し、パソコンと接続を行います。

そしてパソコンに割り当てられた固定IPアドレスを確認し、外出先からそのIPアドレスを指定することでアクセスが可能となります。

ネットワークカメラの利用

子供やペットの様子を確認する目的や防犯目的でネットワークカメラを設置している家庭も少なくありません。

上記のパソコンと同様に、カメラとWiMAXを接続して固定IPアドレスを確認することで、外出先からアクセスができるようになります。

最近は固定IPアドレスが必要のない商品も出ているようなので、購入前にチェックしてみてください。

一部のオンラインゲーム

Nintendo SwitchやWiiUなどのゲーム機を使った一部のオンラインゲームでは固定IPアドレスが必要なケースがあります。

特に対戦型のゲームでは固定IPアドレスを求められることが多く、オプション未加入のWiMAXではうまく接続できない可能性も。

オンラインゲームを利用する場合は固定IPアドレスを持っておくと良いでしょう。

サーバーとしての利用

独自ドメインでホームページを運営する場合などサーバーを利用するケースでは、レンタルサーバーの利用が一般的です。

しかし固定IPアドレスを持っていれば、自分でサーバーを立てて運用することが可能となります。

まとめ

  • IPアドレスにはグローバルIPアドレスとプライベートIPアドレスがある
  • 特定のケースではグローバルIPアドレスまたは固定IPアドレスが必要
  • オプション設定をすることでWiMAXでも固定IPアドレスを利用できる

グローバルIPアドレス・固定IPアドレスを契約すれば、WiMAXでもリモートアクセスなどを行えるようになります。

モバイルルーターで固定IPアドレスを利用したい方は、WiMAXのオプション設定を検討してみてはいかがでしょうか。