オンラインゲームの接続でWiMAXが使えるかを解説

WiMAXでオンラインゲームは遊べる?速度や通信量をまとめて解説
WiMAXでオンラインゲームは遊べる?速度や通信量をまとめて解説

移動中や外出先などで快適にWiFiを利用できるのが特徴のWiMAX。

最近は通信速度の向上や対応エリアの拡大が進み、固定回線にも負けないスペックになっています。

WiMAXなら大容量の通信が必要となる動画視聴やオンラインゲームのプレイも可能です。

ここでは、オンラインゲームをプレイする際に求められるスペックとWiMAXの比較、またWiMAXのメリットなどを解説しています。

WiMAXを使ってオンラインゲームで遊びたいと考えている方はぜひ参考にしてみてくださいね。

オンラインゲームに必要な条件とWiMAXのスペック

速度を表現している画像

オンラインゲームはネットサーフィンやメールの送受信と比較して、データ通信量が大きくなります。

WiMAXに限らず、オンラインゲームを快適に遊ぶためには以下の3つのポイントが重要となります。

  • 通信速度
  • PING値(応答速度)
  • 通信量

まずは、それぞれの必要条件とWiMAXのスペックについて詳しく見ていきましょう。

通信速度

オンラインゲームをプレイする際は、回線の速度が重要です。

通信速度が速いほど、データのダウンロードや画像などの読み込みにかかる時間が短くなります。

一般的に、オンラインゲームをプレイする際は5Mbps程度の通信速度が必要とされています。

これに対してWiMAX最新機種の「W06」は、下りの最大速度がなんと1.2Gpbs

実際に1.2Gpbsの速度が出ることはまずありませんが、ゲームに必要な5Mbpsは問題なく出せるでしょう。

また「W06」以外の機種でも5Mbps以上の通信は可能です。

WiMAXから販売されている主要モバイルルーター・ホームルーター端末の通信速度は以下の通り。

W06 WX05 W05 Speed WiFi HOME L02 HOME 01
最大通信速度(下り) 558Mbps(LTE利用時:867Mbps/有線:1,237Mbps) 440Mbps 558Mbps(LTE利用時:708Mbps) 867Mbps(有線:1,000Mbps) 440Mbps
最大通信速度(上り) 75Mbps 30Mbps 75Mbps 75Mbps 75Mbps

デザインなどのこだわりがない限り、モバイルルーターなら「W06」、ホームルーターなら「L02」がおすすめです。

ただしエリアや時間帯など環境によっては5Mbpsを下回る可能性もあるので、ルーターの位置をずらすなど工夫してみてください。

PING値(応答速度)

オンラインゲームのプレイで通信速度よりも重要なポイントは、PING値(応答速度)です。

PING値とは、サーバーからのレスポンスの速さを表す値のこと。

数値が小さいほど応答速度が速く、快適にゲームをプレイできます。

オンラインゲームの中でもFPSやアクションなどは特に応答速度が勝敗に影響する大切なポイントです。

一般的にPING値は50ms以下が理想で、逆に80ms以上の場合はプレイが難しいと言われています。

WiMAXのPING値は平均35~45ms程度なので、オンラインゲームのプレイには問題ないでしょう。

こちらも通信速度同様、周りの環境によって値が変化するため、動作が遅い・ラグが多いと感じる場合は場所を変えて試してみてください。

通信量

PCゲームやPS4などを使ってオンラインゲームをプレイする場合、1時間で約30MB~100MBの通信量を消費すると言われています。

ゲームの種類や操作によっても通信量は変わりますが、100MB程度なら思ったより少ないと感じる方も多いのではないでしょうか。

WiMAXはライトプランとギガ放題プランのどちらを契約するかによって、利用できる通信量が異なります。

ライトプランの場合は月間7GBが通信量の上限です。

1時間に100MB消費すると仮定した場合、1か月で70時間以上ゲームをプレイすると制限がかかる計算です。

一方ギガ放題プランは月間データ容量の上限がなく、実質無制限で高速通信を利用できます。

ただし直近の3日間で10GB以上利用した場合は、翌日18時~翌々日2時頃まで一時的に制限がかかるので注意が必要。

とは言え、3日間で10GB以上の通信量を消費することはほとんどないので、WiMAXでも十分対応できると言えるでしょう。

WiMAXでゲームをプレイするメリット

オンラインゲームのメリット画像

速度や通信量の点において、WiMAXでも快適にオンラインゲームをプレイできることが分かりました。

その他にも、料金面や手軽さなどWiMAXには様々なメリットがあります。

続いて、ゲームのプレイに限らないWiMAXのメリットについて詳しく見ていきましょう。

固定回線よりも料金が安い

WiMAXの月額料金は固定回線(光回線)よりも安い場合がほとんど。

プロバイダによって差はありますが、一般的に固定回線は4,500~5,000円前後、WiMAXなら3,000~4,000円前後が月々の費用となります。

現在はWiMAXを固定回線の代わりにしても問題ないほどのスペックになっており、通常のネット利用であればWiMAXでも全く問題ないでしょう。

2年間や3年間といった契約期間全体で見ると数万円の差になるので、料金の面においてもWiMAXはメリットが大きいと言えます。

工事不要で接続が簡単

WiMAXは、モバイルルーター・ホームルーターのどちらも工事なしで契約後すぐに利用を始められます。

固定回線の場合は契約してから工事日の調整・当日の立ち合いなど様々な手続きが発生。

特に引っ越しシーズンなどは工事が混み合い、インターネットが開通するまで数週間以上かかることも珍しくありません。

WiMAXなら郵送にかかる数日程度の待ち時間のみで済みますし、店舗契約で在庫がある場合は即日利用も可能です。

到着後は簡単な設定のみでインターネットが使えるので、手軽さの部分でもWiMAXは優れています。

ホームルーターもコンセントを指すだけとなっており、自宅でのWiFi利用にもおすすめです。

安定性や速度制限の面ではデメリットも

オンラインゲームのデメリット画像

WiMAXは固定回線並みの通信速度が出せるため、オンラインゲームのプレイにも適しています。

一方で、通信の安定性という点で比べると、まだまだ固定回線の方が優れています

固定回線はケーブルを通してデータ通信を行うため、天候や障害物によって通信が不安定になることはありません。

しかしWiMAXは基地局からの電波を受信してネットに接続する仕組みのため、様々な要因で電波が不安定になる可能性があるのです。

快適にオンラインゲームをプレイしたい場合は、基地局との距離や周囲の状況などもチェックしてみると良いでしょう。

またWiMAXは一定の条件に達すると速度制限がかかるというデメリットもあります。

固定回線なら速度制限の心配はないので、長時間にわたってゲームをプレイしたり動画を視聴したりする場合は固定回線の方が良いかもしれません。

より快適にプレイする方法

オンラインゲームをプレイ中の画像

WiMAXは固定回線よりも安い料金で高速通信を利用できる一方、安定性や速度制限の面では固定回線に劣ります。

しかしWiMAXの契約プランや接続方法によっては、比較的安定して制限を気にすることなく利用できます。

ここからは、より快適にゲームをプレイするために知っておきたいWiMAXの選び方・使い方を詳しく見ていきましょう。

ギガ放題プランで速度制限のストレスを解消

通信量の項目で、WiMAXにはライトプランとギガ放題プランの2種類があるとお伝えしました。

ライトプランは月間7GBまでと上限が決められていますが、ギガ放題プランなら上限なく実質無制限で利用することができます。

ギガ放題プランでも直近の3日間で10GB以上の通信量を使うと制限がかかりますが、時間としては数時間程度。

ライトプランで制限がかかると月末まで解除できないため、オンラインゲームをプレイする方はギガ放題プランがおすすめです。

ギガ放題プランとライトプランの月額料金の差は700円程度なので、ゲームをプレイしない方もどちらか迷う場合はギガ放題プランを選ぶと良いでしょう。

安定性を高めるなら有線接続がおすすめ

WiMAXは基本的に無線接続をするためのルーターですが、クレードルと呼ばれる機器を組み合わせると有線接続も可能になります。

クレードルにはLANポートが搭載されており、クレードルとパソコンなどの機器をLANケーブルで繋げることで有線接続に変更可能。

クレードルは家電量販店やネット通販で購入できる他、プロバイダによっては契約プランに含まれていることもあります。

安定性の高さは無線よりも有線の方が優れているので、オンラインゲームをプレイする際は有線に切り替えるとより快適に楽しめるでしょう。

また自宅での利用が中心であれば、モバイルルーターではなく据え置き型のホームルーターを選ぶのも1つです。

ホームルーターはLANポートが2つあり、2種類の機器を同時に有線接続することも可能です。

モバイルルーターよりも出力が大きいため、安定性を重視したい方は検討してみてくださいね。

ルーターは障害物の少ない場所に設置

WiMAXは接続機器との距離が離れている場合や、間に障害物がある場合に通信速度が遅くなりやすいです。

室内で利用しているときは、ルーターを窓際に移動させたり、ルーターと同じ部屋で利用したりといった工夫が必要です。

またWiMAXの基地局が工事によるメンテナンスを行っているというケースもあります。

急に通信が遅くなるような場合は、基地局の工事情報をチェックしてみると良いでしょう。

工事情報はUQコミュニケーションズのWEBサイトから確認することができます。

WiMAXで遊べるゲームの種類

オンラインゲームと一口に言っても、その種類は様々。

最後に、WiMAXで快適にプレイできるゲームの種類と利用の際の注意点について解説していきます。

カードゲームやパズルゲームなどは問題なし

アーケード系のゲームは画面遷移があまり多くないため、WiMAX環境でも十分にプレイできすることができます。

RPGなども、ステージを進んでいくタイプのゲームであれば比較的プレイしやすいでしょう。

ただしMMORPGのようにオープンワールドを移動するタイプのゲームは、通信状況によっては多少のラグが発生するかもしれません。

アクションやFPSは環境によっては不向き

対戦系のアクションゲームやFPS・TPSなどはPING値が重要となるため、プレイする環境に左右されやすいです。

攻撃が思うように当たらない・相手の攻撃を受けやすいといった場合はPING値が高くなっている可能性があるので位置を変えるなどしてみると良いでしょう。

ソフトのダウンロード・アップデートには注意

PS4やNintendo Switchなどは、ソフトのダウンロード・アップデートにも大容量の通信が必要です。

ダウンロード版ソフトの中には、10GB以上の容量を必要するものも少なくありません。

10GB以上となると、ギガ放題プランであっても即上限を超えてしまうことになります。

通常のプレイであれば問題ありませんが、新しいソフトをダウンロードするときなどはWiMAXの速度制限に注意しましょう。

10GB以上のダウンロード・アップデートは固定回線の元で行うことをおすすめします。

またゲーム機のグラフィック設定やボイスチャットなども通信量に影響を与えます。

グラフィック設定は「標準」、ボイスチャットは「オフ」にしておくと、比較的安定して通信が行えるでしょう。

まとめ

  • WiMAXはオンラインゲームのプレイに必要な通信速度・PING値・通信量を備えている
  • ギガ放題プランの利用や有線接続の切り替えによってWiMAXの安定性を高められる
  • ゲームのプレイは問題ないものの、ソフトのダウンロードなどには注意が必要

ゲームの種類にもよりますが、基本的にはWiMAXでも問題なくオンラインゲームをプレイすることができます。

自宅はもちろん、外出中もオンラインゲームを楽しみたいという方は、ぜひWiMAXの契約を検討してみてくださいね。