WiMAXホームルーター【HOME02】の速度や性能を詳細解説

ホームルーター「WiMAX HOME 02」が新登場!01との違いや特徴を徹底比較
ホームルーター「WiMAX HOME 02」が新登場!01との違いや特徴を徹底比較

2020年1月下旬、WiMAXで約1年ぶりとなるホームルーター最新機「WiMAX HOME 02」が発売されます。

果たして、WiMAX HOME 02は従来のWiMAXホームルーターとどこが違うのか、その特徴やスペックを前機種「WiMAX HOME 02」やライバル機である「WiMAX HOME L02」と比較します!

WiMAX HOME 02を最安級の費用で契約できるおすすめプロバイダも紹介しているので、最新機種をお得に使いたいという方はぜひご覧ください。

NEC製ホームルーター「WiMAX HOME 02」の特徴とスペック

WiMAX HOME 02の端末を表している画像

WiMAX HOME 02は、NECプラットフォームズが提供するホームルーター最新機種です。

発売予定日は2020年1月下旬で、WiMAXのホームルーターとしては2019年1月に発売されたHUAWEI製WiMAX HOME L02から約1年ぶりの新製品となります。

WiMAX HOME 02の基本的なスペックをまとめました。

メーカー NECプラットフォームズ
サイズ(WxHxD) 約50 x 118 x 100mm
重さ 約218g
通信速度 (下り)最大440Mbps / (上り)最大75Mbps
同時接続台数 (WiFi)最大20台 / (有線LAN)1台
無線LAN規格 IEEE802.11a/b/g/n/ac(2.4GHz/5GHz)
カラー ホワイト
発売予定日 2020年1月下旬

WiMAX HOME 02の主な特徴や新機能は次の通りです。

  • 最小&最軽量のWiMAXホームルーター
  • アンテナ性能強化!WiFi電波が届くエリアが約25%アップ
  • アプリで不審な端末ブロックやペアレンタルコントロールが可能
  • Alexa搭載スマートスピーカーと連携可能

それぞれの特徴について、詳しく解説していきます。

最小&最軽量のWiMAXホームルーター

WiMAX HOME 02のサイズは約50(W) x 118(H) x 100(D)mm、重さは約218g。

同じNEC製ホームルーターであるWiMAX HOME 01よりもコンパクト&軽量化され、現在UQ WiMAXで取り扱いのあるホームルーターの中では最も小さく、軽い機種となります。

参考として、2019年発売のiPhone 11シリーズ中で最小モデルであるiPhone 11 Proとサイズを比較してみました。

WiMAX HOME 02 iPhone 11 Pro
サイズ(W x H x D) 50 x 118 x 100mm 71.4 x 144 x 8.1mm
重さ 218g 188g

このようにWiMAX HOME 02の幅と高さは最新のiPhoneよりも小さいサイズです。

もちろん、厚みが全然違うのでスマホのようにポケットに入れることはできませんが、これだけコンパクトなら机の上やテレビ台などに置いても邪魔になりにくいですね。

アンテナ性能強化!WiFi電波が届くエリアが約25%アップ

WiMAX HOME 02は、前機種WiMAX HOME 01よりも内臓アンテナの性能が強化され、水平方向に届くWiFi電波のエリアが約25%アップしています。

更に、自動で最適な周波数を選択する「バンドステアリング」機能搭載で、より安定した通信が可能になりました。

広い事務所などでWiFiルーターを使っていると「ルーター付近はネットに繋がるけど、事務所の端の方だと繋がりにくい」となることがありますが、WiMAX HOME 02はそのリスクが減って使いやすくなったと言えます。

アプリで不審な端末ブロックやペアレンタルコントロールが可能

WiMAX HOME 02はスマホアプリと連携可能で、スマホから通信量やWiFiの電波状態を確認したり、接続設定を行ったりできます。

更に、WiMAXルーターとしては初めて、NECプラットフォームズのWiFiルーター用アプリ「見えて安心ネット」と連携可能になりました。

「見えて安心ネット」では、下記のことが可能です。

  • WiMAX HOME 02に接続中の端末を表示
  • 不審な端末がWiMAX HOME 02に接続していたらアプリの設定でブロック
  • 子どもの端末がWiFiに接続できる時間を制限(ペアレンタルコントロール)

「見えて安心ネット」を使えば、家族・社員以外の人が勝手にWiFiを使うタダ乗りや子どものネットの使い過ぎの対応もスマホで手軽にできるわけですね。

Alexa搭載スマートスピーカーと連携可能

WiMAX HOME 02は、AmazonのAIアシスタント「Alexa(アレクサ)」を搭載したスマートスピーカーとの連携が可能になりました。

従来のWiMAXホームルーターでも、WiFiを使ってスマートスピーカーをネットに繋ぐことは可能でしたが、連携してスマートスピーカーからWiMAXの機能を利用できるようになったのは、WiMAX HOME 02が初です。

Echo(エコー)などのAlexa搭載スマートスピーカーと連携すれば、スマートスピーカーへ呼び掛けるだけで次のことができるようになります。

  • 通信量や設定情報を確認
  • モード切替などの設定変更
  • WPSによるWiFi接続
  • ゲストSSIDの提供
  • WiMAX HOME 02の再起動
  • WiMAX HOME 02のファームウェア更新
  • ヘルプの確認

アプリから操作するタイプのルーターだと、水仕事中で手が離せない時やスマホを別の作業に使っている時などは確認や設定がしにくいですよね。

そんな時でも、Alexa搭載スマートスピーカーに呼び掛ければ通信量の確認やモード・設定の切替ができるのは便利ですね。

Alexa搭載のスマートスピーカーをお持ちの方は活用してみてはいかがでしょうか。

前機種 HOME 01との比較

WiMAX HOME01と02を比較している画像

続いて、1つ前のモデルであるWiMAX HOME 01とスペックを比較してみました。

WiMAX HOME 02 WiMAX HOME 01
メーカー NECプラットフォームズ NECプラットフォームズ
発売日 2020年1月下旬(予定) 2018年12月
サイズ(WxHxD) 約50 x 118 x 100mm 約70x155x100mm
重さ 約218g 約338g
最大通信速度
(ハイスピードモード時)
(下り)440Mbps
(上り)30Mbps
(下り)440Mbps
(上り)30Mbps
最大通信速度
(ハイスピードプラスエリアモード時)
(下り)440Mbps
(上り)75Mbps
(下り)440Mbps
(上り)75Mbps
同時接続可能台数 (WiFi)20台
(有線LAN)1台
(WiFi)22台
(有線LAN)2台
電源 ACアダプタのみ
(バッテリー非対応)
ACアダプタのみ
(バッテリー非対応)

違いをまとめると、

  • WiMAX HOME 02の方がコンパクト&軽い
  • WiFiで同時に接続できる端末の数はWiMAX HOME 02の方が少ない
  • 有線LANポートもWiMAX HOME 02の方が少ない
  • 通信速度は同じ

となります。

他に、特徴のところで紹介した「水平方向へのWiFi電波のエリアが約25%アップ」や「ペアレンタルコントロール機能」「Alexa搭載スマートスピーカーとの連携」が新機種WiMAX HOME 02独自のメリットです。

通信速度に関してはWiMAX HOME 02になっても変わっていません

また、WiFiで同時に接続可能な端末数と有線LANポートの数はWiMAX HOME 01よりも減っています。

新機能や電波の繋がりやすさがアップしたことを考えると、通常は最新のWiMAX HOME 02がおすすめです。

ただし、パソコン2台あるいはパソコン+ゲーム機のように、2台以上の機器を同時に有線接続したい人にはWiMAX HOME 02は避けた方が良いでしょう。

HUAWEI製ホームルーターL02の比較

WiMAX HOME01とL02を比較している画像

続いて、同じWiMAXホームルーターの中でもライバル製品であるHOME L02とスペックを比較しました。

WiMAX HOME 02 WiMAX HOME L02
メーカー NECプラットフォームズ HUAWEI
発売日 2020年1月下旬(予定) 2019年1月
サイズ(WxHxD) 約50 x 118 x 100mm 約93x178x93mm
重さ 約218g 約436g
最大通信速度(ハイスピードモード時) (下り)440Mbps / (上り)30Mbps (下り)558Mbps / (上り)30Mbps
最大通信速度(ハイスピードプラスエリアモード時) (下り)440Mbps / (上り)75Mbps (下り)867Mbps / (上り)75Mbps
同時接続可能台数 (WiFi)20台 / (有線LAN)1台 (WiFi)40台 / (有線LAN)2台
電源 ACアダプタのみ(バッテリー非対応) ACアダプタのみ(バッテリー非対応)

違いをまとめると、

  • 通信速度はライバル機 WiMAX HOME L02の方が速い
  • WiMAX HOME 02の方がコンパクト&軽い
  • WiFiで同時に接続できる端末の数はライバル機 WiMAX HOME L02の方が2倍多い
  • 有線LANポートもライバル機 WiMAX HOME L02の方が多い

となります。

ライバル機のWiMAX HOME L02は約1年前に発売された機種ですが、最大通信速度も同時に接続可能な端末数もWiMAX HOME 02より上です。

特に速度の面では、WiMAX2+回線とau 4G LTE回線を併用する高速モード(ハイスピードプラスエリアモード)時の通信速度が、WiMAX HOME 02は下り最大440Mbpsに対してWiMAX HOME L02は最大867Mbpsと圧倒的な速さになっています。

しかも、WiMAX HOME L02は有線LAN接続した場合、最大通信速度が1Gbps(1,000Mbps)と更に速度が上がります。

あくまでベストエフォート値同士の比較で実際の通信速度とは違いますが、「WiMAX HOME 02の方が最新機種だから速いはず」と考えていると期待外れになる可能性があります。

通信速度の速さや同時接続台数を重視する方は、ライバル機のWiMAX HOME L02の方がおすすめです。

一方で、特徴のところで紹介した「ペアレンタルコントロール機能」や「Alexa搭載スマートスピーカーとの連携」などのWiMAX HOME 02の独自の機能を使いたい方はWiMAX HOME 02を使いましょう

端末価格は気にしなくもOK

WiMAX HOME 02が新機種と聞いて「最新機種なら従来機よりも本体価格が高いのでは?」と心配になる方もいると思います。

しかし、基本的にどのルーターを選んでも本体価格は同じになるので大丈夫です。

参考までに、UQ WiMAXおよびWiMAXプロバイダでの人気ホームルーター/モバイルルーターの価格を見てみましょう。

WiMAX HOME 01 WiMAX HOME L02 speed WiFi NEXT W06
UQ WiMAX 15,000円 15,000円 15,000円
Broad WiMAX 無料 無料 無料
GMOとくとくBB 無料 無料 無料
BIGLOBE WiMAX 19,200円 19,200円 19,200円

このように、各WiMAXプロバイダでのルーターの本体価格は一律です。

その代わり、プロバイダごとに価格設定が違うため、ルーターの機種代金を節約するにはプロバイダ選びの方が大切になります。

UQ WiMAXやBIGLOBE WiMAXのように機種代金が請求されるところの場合、初期費用に+1万円以上かかることになります。

HOME 02をお得に使えるおすすめWiMAXプロバイダは?

WiMAX HOME 02が発売されたら、早速使ってみたいという方もいるはずです。

とはいえ、WiMAX HOME 02が発売されたからと言ってすぐに全てのプロバイダで提供が開始されるわけではありません。

本家UQ WiMAXでは既にWiMAX HOME 02の予約開始していますが、UQ WiMAXで契約すると機種代金として15,000円が請求されるというデメリットがあります。

そこでUQ WiMAXに代わっておすすめなのが、「機種代金無料キャンペーン」と「最大31,500円キャッシュバックキャンペーン」でお得にWiMAX HOME 02を契約できるMOとくとくBBです。

GMOとくとくBBならキャッシュバック付きでHOME 02が使える

GMOとくとくBBのサービス画像 画像引用元:https://gmobb.jp/lp/gentei8/

GMOとくとくBBは、高額なキャッシュバックキャンペーンで人気のプロバイダです。

最新機種も積極的に取り扱っている同社では、既に2020年1月下旬発売と同時にWiMAX HOME 02の取り扱いを開始することが発表されています。

しかも、GMOとくとくBBなら「機種代金無料キャンペーン」により、最新機種でもルーター価格は0円!

更に、最大34,600円の高額キャッシュバックキャンペーンも実施しているのでお得な料金でWiMAXを契約できます。

2020年1月中旬時点でのGMOとくとくBBの料金をまとめました。

ギガ放題(無制限)プランの費用 GMOとくとくBB
月額料金 3609円~4,263円
機種代金 0円
キャッシュバック(HOME 02選択時) 34,600円
3年間総額(※1) 120,660円
実質月額料金(※2) 3,352円

※1 3年間総額:3年間の月額料金総額+初期費用+必須有料オプション - キャッシュバック

※2 実質月額料金:3年間総額 ÷ 契約月数

GMOとくとくBBなら、実質月額3,352円でWiMAX HOME 02を契約可能です。

3,440円は数あるWiMAXプロバイダでも最安級の実質月額料金なので、お得にHOME 02を使いたい方におすすめです。

既にGMOとくとくBB WiMAXの公式サイトではHOME 02の申し込みを開始しているので、気になる方はぜひチェックしてみてください。

※1月下旬の発売前にWiMAX HOME 02を申し込んだ場合、端末の発送は発売日以降になります。