WiMAXとソフトバンクエアーを比較

wimaxとソフトバンクairの比較!月額料金・速度・エリアなどを徹底解説
wimaxとソフトバンクairの比較!月額料金・速度・エリアなどを徹底解説

今回は、wimaxとsoftbankair(ソフトバンクエアー)の比較について解説していきます。

「ホームルーターをコンセントにさすだけで、wifiが利用できる」

という新しいwifiサービスを提供しているのが、wimaxとソフトバンクair。

工事が必要ないという手軽さが魅力的で、乗り換えや新規契約を考えている方も多いでしょう。

そこで気になるのが、wimaxかソフトバンクエアーか、どちらが優れているのか?ということ。

ここでは、

  • wimaxとソフトバンクairの比較
  • ソフトバンク・auを利用している人がお得になるケース

について詳しく解説します。

手軽にwifiサービスを利用したい方・乗り換えを検討している方は、ぜひ参考にしてください。

wimaxとソフトバンクairの比較

ここでは、wimaxとソフトバンクairについて、以下のポイントで比較しています。

  • 通信速度
  • 月額料金・解約金・契約期間
  • 通信制限
  • サービス提供エリア

wimaxとソフトバンクエアーでは、上記のポイントに大きな違いがあります。

どれもwifiを契約するとき・乗り換えを検討しているときに必要な情報

wimaxとソフトバンクエアーのどちらにしようか迷っている方は、しっかりとチェックしてください。

通信速度

まずは、wifiを契約するときに重要な通信速度から比較していきましょう。

wimax ソフトバンクair
下り 1Gbps 481Mbps
上り 75Mbps 情報開示なし

※「Speed Wi-Fi HOME L02」と「Airターミナル4」の比較

※wimax,ソフトバンクairともに最大速度

通信速度について、

  • 「下り」はダウンロード
  • 「上り」はアップロード

を示しています。

数字で見てもわかるように、wimaxの圧勝 です。

ソフトバンクairの上り速度は開示されていませんが、下りだけ見てもwimaxの方が優れているのが分かります。

今回比較した機種はwimaxの「Speed Wi-Fi HOME L02」ですが、wimaxには持ち運びに便利なポケットwifi(モバイルルーター)もあります。

ポケットwifiの通信速度は、下り最大1.2Gbpsです(「Speed Wi-Fi NEXT W06」の場合)。

もちろん家でも使用可能。

なるべく早い速度でインターネット通信を楽しみたい方は、wimaxを選ぶと良いでしょう。

せっかくwifiを契約しても、通信速度が遅いと思うようにインターネット通信ができません。

通信速度が遅いことは非常にストレスになるため、これからwifiの契約を考えている方はwimaxがおすすめです。

月額料金・解約金・契約期間

続いての比較は、月額料金・解約金・契約期間です。

wimax ソフトバンクair
月額料金 3,880円 4,880円
契約期間 2年 2年
解約金 1年目⇛19,000円 / 2年目⇛14,000円 / 3年目~⇛9,500円 9,500円

※wimax⇛「ギガ放題プラン」/ソフトバンクair⇛「個品割賦購入」で比較

※「UQ wimax」のギガ放題プランで比較

月額料金

月額料金を見てみると、wimaxの方が1,000円ほど安くなっています

さらにwimaxは、

  • broad wimax
  • gmoとくとくBB
  • BIGLOBE wimax

など、多くのプロバイダがさまざまなキャッシュバックキャンペーンを行っています。

たとえばbroad wimaxなら、ギガ放題プランでも最初の3ヶ月はライトプランで利用可能です。

ギガ放題プランは通常4,011円で、ライトプランは2,726円。

さらに4ヶ月後からも3,411円で利用できるため、ソフトバンクairよりもかなり格安で利用できます。

今回はUQ wimaxの月額料金で比較しましたが、上記のようにプロバイダを選べば月額料金3,880円より安くなることもあります。

最低でも1,000円はソフトバンクエアーより安い」という点だけで見ても、wimaxの方がおすすめだと言えるでしょう。

契約期間

契約期間は、両者ともに2年です。

2年経った年に解約をしなければ、自動で2年の契約更新が行われます。

ただし、ソフトバンクの2年契約には注意しなければなりません。

個品割賦購入(ホームルーターを分割購入)する場合、3年間の分割払いという扱いになります。

毎月の利用料金でいうと、以下のようになります。

月額利用料金 4,880円
ルーター代(36回払い) 1,650円
月月割 - 1,650円
合計 4,880円

36ヶ月間はルーター代が「月月割」で全額割引されるので、非常にお得です。

しかし2年間で解約する場合は、残り1年分のルーター代(1,650円×12ヶ月=19,800円)を一気に支払わなければなりません。

では「3年間使えばお得なのか?」と言われれば、答えはノーです。

先程から伝えているとおりソフトバンクairは2年契約なので、分割払いが終わったタイミングは更新年ではありません。

ですので、分割払いが終わった3年目で解約する場合、9,500円の違約金がかかってしまいます

  • ホームルーター代を実質無料で利用する
  • 違約金がかからないタイミングで解約する

上記のようにとことんお得にソフトバンクairを使う場合、実質4年縛りになってしまうわけです。

4年以内に解約したいと思っても余計な料金がかかるのは、ソフトバンクairのデメリットでしょう。

ホームルーターの購入以外では、レンタルも行っています。

レンタルの場合は、以下のような利用料金になります。

月額利用料金 4,880円
ルーターレンタル代 490円
合計 5,370円

ルーターのレンタル料金がプラスでかかるため、3年使えば実質無料になるルーター購入より割高になってしまいます。

  • wimaxに比べてかなり高い料金になること
  • 実質4年縛り

であることを考えると、ソフトバンクエアーはあまりおすすめできないでしょう。

違約金

wimaxは、多くのプロバイダが提供しているwifiサービスです。

そのため、違約金はプロバイダごとに異なります。

主なプロバイダの違約金は、以下のとおりです。

1年目 2年目 3年目
broad wimax 19,000円 14,000円 9,500円
GMO とくとくBB 24,800円 24,800円 9,500円
BIGLOBE wimax 19,000円 14,000円 9,500円

どのプロバイダでも、更新月での解約で違約金はかかりません。

できるだけ料金を安くしたい場合は、更新月の解約がおすすめです。

通信制限

続いての比較は、通信制限についてです。

ソフトバンクエアーは、ギガ数が無制限

どれだけ使っても通信制限にならないのは、メリットだと言えます。

しかし、

ご利用の集中する時間帯(夜間など)は、サービス安定提供にともなう速度制限のため、通信速度が低下する場合があります。

引用:ソフトバンクair 公式サイト( https://www.softbank.jp/ybb/air/area-list/)

とあるように、回線が混む時間帯は通信速度が落ちてしまいます。

どれくらい遅くなるのかは公表されていませんが、かなり遅いという口コミが多数。

いくら無制限だとしても、ソフトバンクエアーの評判は良いとは言えません。

一方wimaxは、「3日間で10GB」以上使うと通信制限がかかってしまいます。

ただし、制限されるのは翌日の混雑時間帯(18時〜翌2時頃)だけです。

翌々日からは通常通りの通信速度で利用できるため、通信制限と言っても1日だけ

さらに通信速度中の速さも1Mbpsくらいで、YouTube動画の標準画質レベルが視聴可能な速度になります。

10GBの目安でいえば、5分のYoutube動画を超高画質で88回見たくらいです。

3日間連続で動画を見続けたりしない限り、通信速度にはならないと思っても問題ないでしょう。

  • 通信制限がないけど、毎日混雑時間帯で遅くなるソフトバンクエアー
  • 3日で10GBの制限はあるけど、通信制限は翌日の混雑時間帯だけのwimax

使い方にもよりますが、安定して高速通信を使えるwimaxの方がおすすめです。

サービス提供エリア

最後に比較するのは、wifiサービスの提供エリアです。

ソフトバンクエアーは、エリアによって通信速度のはやさが異なります

東京・神奈川・千葉・埼玉エリアでは最大の通信速度を利用できますが、茨城・栃木エリアでは261Mbps

決して速いとはいえない速度なので、インターネット通信にストレスを感じる可能性があります。

(※261Mbpsという速度で問題ない場合は、全国どこでもだいたい利用可能)

ソフトバンクエアーはサービス提供エリアがあまり広くないので、引越し先で利用できなくなるケースも。

その場合はソフトバンクに申し出ることで、解約を受け付けてもらえる可能性があります。

利用不可だと認められた場合は違約金もかからないので、もし引越し先がエリア外だったら忘れずに連絡しましょう。

一方wimaxは、全国どのエリアでもまんべんなく最大の通信速度を利用できます。

一部山間部などでは利用できないエリアはありますが、基本的に街だったら利用できると考えて良いでしょう。

最大通信速度の提供エリアで比較すると、wimaxの方が提供範囲が広くおすすめです。

ソフトバンク・auを使ってる人はお得になる

wimaxもソフトバンクairも、使っているスマホの会社によって割引されるケースがあります。

  • ソフトバンクair⇛「おうち割 光セット」
  • wimax⇛「auスマートバリューmine」

その他のキャリアや格安simでは、残念ながらwifiとセットで安くなるサービスはありません。

au・ソフトバンクを利用している方は、お得なセット割をチェックしておきましょう。

ソフトバンクスマホのユーザー

ソフトバンクエアーには、「おうち割 光セット」というサービスがあります。

これはスマホとソフトバンクエアーを使うと、

  • スマホ料金が永年1,000円割引
  • 家族全員分のスマホ料金がずっと割引
  • 離れて住む家族も割引対象

というサービス。

通信費を節約したい方にはぴったりで、お得にスマホとwifiが使えます。

通信速度が気にならず、とにかくwifiを利用したいという場合は、ソフトバンクairを選んでも良いでしょう。

おうち割 光セットの適用条件

1,000円の割引を受けるには、

  • ウルトラギガモンスター+(データプラン50GB+)
  • データプランミニ

に加入している必要があります。

また、対象の端末は以下のとおり。

  • iPhone
  • スマートフォン
  • ケータイ
  • iPad
  • タブレット
  • Wi-Fiルーター
  • モバイルシアター

条件に当てはまらなかった場合、セット割は適用されません

「おうち割 光セット」が適用されるか、事前に確認しておきましょう。

auスマホのユーザー

wimaxでは、月々のau利用料金が最大1,000円割引になる「auスマートバリューmine」が適用されます。

モバイルルーター・ホームルーターに限らず、すべての端末が割引対象です。

auのスマホなどを使っていれば、wimaxを契約して申し込むだけで翌月から割引が開始。

お得になるおすすめなサービスなので、wimaxを契約したら忘れずにスマートバリューの申込みをしましょう。

auスマートバリューmineが適用される条件

1,000円の割引を受けるには、

  • UQ Flatツープラス ギガ放題(2年/3年)
  • UQ Flatツープラス(2年/3年/4年)

のいずれかのプランに加入する必要があります。

ただし、割引が適用されるのはwimax1回線につき、auスマホ等1回線のみ

wimaxとauの契約者名が同名義であることも条件です。

ソフトバンクのおうち割 光セットとは異なり、家族が多ければ多いほどお得になるわけではありません。

それでも1,000円は確実に割引されるので、auスマホを利用している方はwimaxを選ぶのがおすすめです。

基本的にはwimaxを選ぶのがおすすめ

今回は、wimaxとソフトバンクairの比較について解説してきました。

  • 通信速度
  • 月額料金・解約金・契約期間
  • 通信制限
  • サービス提供エリア

どのポイントで見ても、wimaxのほうが優れているのが事実

ソフトバンクがお得になるケースもありますが、wifiのスペックで言えば確実にwimaxの方が優れています。

もしwimaxとソフトバンクairで迷ったら、wimaxを選ぶと快適にインターネット通信を行えますよ。