ワイマックスを2台以上持つのはあり?

WiMAXで2台目を利用するメリット!複数台を安く契約できるプロバイダは?
WiMAXで2台目を利用するメリット!複数台を安く契約できるプロバイダは?

WiMAXを利用している方の中には、

家族と別の場所で利用したい...
通信制限が絶対に嫌だ!

と考えている方もいるのではないでしょうか?

このような悩みは、2台目のWiMAXを追加することですべて解決します。

そこで今回は、

  • WiMAXで2台目を利用するメリット
  • UQWiMAXで2台目を契約する方法
  • 2台目の契約におすすめなプロバイダ

について詳しく解説します。

快適なインターネット通信を行いたい方・WiMAXで2台目の追加を考えている方は、ぜひ参考にしてください。

WiMAXで2台目を利用するメリット

ここでは、WiMAXで2台目を利用するメリットについて解説します。

使い方によっては、WiMAX1台だけでは思うようにインターネットを利用できない方も少なくありません。

そこで活躍するのがWiMAXの2台持ち。

2台目を契約することで、さらに快適なインターネット通信ができます。

さっそく2台目を利用するメリットを見ていきましょう。

メリット1.通信制限を気にしなくて良い

2台目を契約する1つ目のメリットは、通信制限を気にしなくて良くなることです。

UQWiMAXのギガ放題プランには、「3日間で10Gb制限」というものが存在します。

これは混雑を緩和するためにUQWiMAXが行っているもの。

3日間で10Gb以上利用すると、翌日の混雑時間帯(18時頃~翌2時頃)に通信速度が概ね1Mbpsまで制限されます。

基本的にラインやSNSの利用だけで通信制限になることはありませんが、

  • 超高画質の動画を3日間連続で見る
  • 通信タイプのゲームを3日間やり続ける

といった使い方をすると、通信制限がかかってしまいます。

そこで役立ってくれるのがWiMAXの2台持ちです。

2台目を契約すると、単純計算でも3日間で20Gbまで利用できる計算になります。

仮に3日で10Gbを利用しても通信制限は1日だけ。

しかし人によっては、どうしても通信制限が嫌な方もいるでしょう。

頻繁にWiMAXを利用して通信制限になる方は、2台目を契約するメリットが大いにあります。

メリット2.家族が別の場所で利用できる

2台目を契約する2つ目のメリットは、家族が別の場所でそれぞれ利用できることです。

WiMAXの通信可能距離は、見通しの良い場所で50メートルほど。

家族全員が家の中で利用することに問題はありません。

しかし家族の誰かが「外出先で使いたいから」とルーターを持ち出すと、家の中ではwifiが利用できなくなってしまいます。

反対も同様で、家で使うことを優先するとポケットwifiとして利用できなくなってしまうわけです。

そこで2台目を契約すれば、家の中でも外出先でも利用できるようになります。

家族がそれぞれ別の場所でインターネット通信を行えるので、誰かが我慢しなければいけないことも防げます。

さらにWiMAXには、ホームルーターモバイルルーターの2種類があります。

それぞれには、

  • ホームルーター:アンテナ精度が高く、安定した通信が行える
  • モバイルルーター:通信速度がはやい

と異なるメリットがあるのも特徴です。

2台目を契約することで、持ち出し用と自宅用でルーターを使い分けられるのもメリットのひとつ。

家族が多い方にとっては、2台目の契約は非常に便利でおすすめです。

UQWiMAXで2台持ちする方法

ここでは、UQコミュニケーションズが取り扱うUQWiMAXで、2台目持ちする方法を解説します。

旧WiMAXの新規契約は終了している関係で、いまの契約内容によって2台目の契約方法は異なります。

いま契約しているのが旧WiMAXの場合は、

  • ファミ得パック
  • 機器追加オプション

と2つの方法で2台目を契約することができます。

一方いまの契約が「WiMAX2+」の場合や旧WiMAXから乗り換えた場合は、新規回線を契約しなければなりません。

WiMAXの2台持ちを考えている方は、まずいまのご自身の契約内容をご確認ください。

旧WiMAXかWiMAX2+の確認がとれたら、次の方法で2台目の契約を行いましょう。

旧WiMAXの場合:ファミ得パック

ファミ得パックとは、2台目を安く利用できるUQWiMAXのサービスです。

たとえば家族が別々の場所でWiMAXを使いたいときは、通常だとルーターを2台分契約しなければいけません。

そこで2台目を通常よりも安い月額料金で適応してくれるのが、ファミ得パック。

通常料金で2回線分契約するよりも、安く2台目を利用できるのです。

月額料金がどれくらい割引になるかは、以下の表をご覧ください。

1台目 2台目 合計
ファミ得パック ¥3,696 ¥2,363 ¥6,059
通常料金 ¥3,696 ¥3,696 ¥7,392

通常料金と比較すると、ファミ得パックは1,333円割引される計算になります。

かなり安くWiMAXを使えるので、2台持ちしたい方はファミ得パックを利用するのがおすすめです。

ちなみにこちらのサービスは、旧WiMAXを使っている方のみが契約できます。

WiMAX2+を契約している方、旧WiMAXから乗り換えた方は申し込めないのでご注意ください。

また、追加した2台目も旧WiMAX(下り最大13.3Mbps)での契約となります。

通信速度のはやいWiMAX2+での契約はできないため、気をつけましょう。

旧WiMAXの場合:機器追加オプション

機器追加オプションとは、契約回線は1つのままで2台のWiMAXPCやルーターを使えるサービスです。

初期登録料3,000円+月額利用料金191円(1台あたり)=3,191円から利用できます。

たとえば

  • 自宅ではWiMAXが搭載されたPCを利用
  • 外出先ではルーターを通して携帯やタブレットで接続する

といった使い方では、機器追加オプションが大活躍してくれます。

最初の契約機器に加えて2台追加できるため、最大で3台機器を追加することが可能です。

このオプションのデメリットは、2台同時にwifi接続できないこと。

家族がそれぞれ別の場所でWiMAXを利用したい場合は、先に紹介したファミ得パックを選びましょう。

ちにみに機器追加オプションも、旧WiMAXを契約している方のみが申し込めます。

そして通信速度も旧WiMAXのままで、通信速度のはやいWiMAX2+は利用できません。

WiMAX2+を契約中の方、旧WiMAXから乗り換えた方は申し込みできないので要注意です。

WiMAX2+の場合:新規契約

いまWiMAX2+を使っている方は、2台目を利用するなら新しい回線を契約する必要があります。

そしてUQWiMAXでは、2台目の契約における割引キャンペーンなどは行っていません。

1台目の契約と同じく、以下の料金がかかります。

ルーター料金 事務手数料 月額利用料金 キャッシュバック 合計
¥15,000 ¥3,000 ¥3,880 ¥0 ¥21,880

さらに上記に加えて、端末補償サービスなどのオプション料金が追加されます。

契約月に21,880円の支払いが必要となると、いくら2台目を利用したくてももったいないと考える方も多いでしょう。

2台目を利用するか、検討し直す方も少なくありません。

そこでおすすめなのが、1台目とは違うプロバイダで2台目を契約する方法です。

WiMAXを取り扱うプロバイダは数多くあるため、ご自身に合うキャンペーン内容や割引を選ぶことができます。

2台目のWiMAXの料金を安く抑えたいなら、ぜひ考えてみてください。

2台目の契約におすすめなプロバイダ

WiMAXは、数多くのプロバイダが取り扱っているwifiサービスです。

選べるプロバイダが多いからこそ、どれを選んだら良いか迷ってしまう方も多いでしょう。

ここでは、2台目の契約におすすめなプロバイダを解説します。

WiMAXで2台目の利用を考えている方は、ぜひ契約するプロバイダ選びの参考にしてください。

プロバイダ別初期費用まとめ

まずは、以下のプロバイダ別初期費用についてご覧ください。

ルーター料金 事務手数料 月額利用料金 キャッシュバック
JPWiMAX 無料 ¥3,000 ¥2,800(1〜2ヶ月目) ¥10,000 ※1
GMOとくとくbb 無料 ¥3,000 ¥2,170(1〜2ヶ月目) ¥34,600※2
broad WiMAX 無料 ¥3,000 ¥2,726(1〜2ヶ月) ¥18,857 ※3
biglobe(ビッグローブ) ¥19,200 ¥3,000 ¥2,980(1〜3ヶ月目) ¥7,000
so-net(ソネット) 無料 ¥3,000 ¥3,380(1〜12ヶ月) ¥0 ※4
nifty ¥20,000〜 ¥3,000 ¥3,670(2〜3ヶ月) ※5 ¥0

※1:確実に受け取れるAmazonギフト券
※2:適応条件あり。受け取りづらい。
※3:適応条件あり。ルーター・月額料金なども含む
※4:端末料金と月額料金で割引済み
※5:1ヶ月目は無料

選ぶプロバイダによって、割引価格やキャンペーン内容が異なります。

どのプロバイダを選ぶとお得に2台持ちできるか、詳しく見ていきましょう。

おすすめ1.JPWiMAX

JPWiMAXのサービス画像 画像引用元:https://jpwimax.jp/

JPWiMAXは比較的新しいWiMAXプロバイダでありながら、他社にも劣らないサービス性で人気を集めています。

ルーター料金 事務手数料 月額利用料金 キャッシュバック
無料 ¥3,000 ¥2,800(1〜2ヶ月目) ¥10,000

基本月額料金がとても安いのがポイントですが、特に注目すべきが確実に受け取れるキャッシュバックです。

JPWiMAXはキャッシュバックを行っており、Amazonギフト券10,000円分をゲットすることができます。

しかも適用条件は、契約するだけ。正確にはルーターが届いた後に専用フォームから手続きをしなければなりませんが、すぐに申し込むことができるので忘れる心配がありません。

他のプロバイダのキャンペーンですと、条件がいくつかあったり、キャッシュバックを受け取れるのが1年後で忘れる人が多かったりと、面倒です。

JPWiMAXであればその心配がなく基本月額料金も安め、さらには新しい端末も取り扱っているので、とてもおすすめです。

おすすめ2.broad WiMAX

BroadWiMAXのサービス画像 画像引用元:https://wimax-broad.jp/
とにかく2台目の初期費用を抑えたい!

という方におすすめなのが、broadWiMAXです。

ルーター端末料金 事務手数料 月額利用料金 キャッシュバック
無料 ¥3,000 ¥2,726(1〜2ヶ月) ¥18,857

何よりも魅力的なのは、キャッシュバックキャンペーン。

ルーター・月額料金なども含む初期費用¥18,857が、すべてキャッシュバックされます。

特に金額の高いルーターが実質無料になるのは、非常にお得でしょう。

上記の割引キャンペーンが適用される条件は、以下のとおりです。

  1. webフォームからの申し込み
  2. 月額最安プランを申し込み
  3. 支払い方法はクレジットカードを選択
  4. 安心サポートプラス・MyBroadサポートに加入

安心サポートプラスとMyBroadサポートに関しては、申し込み後に必要がないと思えば解約することができます。

解約し忘れると

  • 安心サポートプラス:月額¥550
  • MyBroadサポート:月額¥907

の合計¥1,457が月額料金にプラスされてしまうので、注意しましょう。

注意点は、24ヶ月以内に解約した場合に違約金がかかってしまうこと。

公式サイトにも記載されているように、

18,857円割引キャンペーンの適用を受けたお客様が、ご契約開始月翌月から起算して24ヶ月以内にWiMAX回線を解約する場合、キャンペーン違約金として別途9,500円を請求させていただきます。 引用:broadWiMAX公式サイト(https://wimax-broad.jp/campaign/web-discount.php)

解約すると10,000円ほどの出費が発生してしまいます。

せっかくキャッシュバックで割引されたのが無駄になってしまうため、気をつけてください。

BroadWiMAXでは、上記に加えて

  • auの携帯・スマホを利用している方:スマートバリュー適用で最大1,000円割引
  • UQモバイルの携帯・スマホを利用している方:UQモバイルの月額料金が最大500円割引

と、多くの割引キャンペーンが行われているのも魅力のひとつ。

2台目を追加するのに悩んでいる方は、格安なbroadWiMAXの契約を検討してみてください。

おすすめ3. GMOとくとくbb

GMOとくとくBBのサービス画像 画像引用元:https://gmobb.jp/lp/gentei8/

GMOとくとくbbでは、2台目の追加キャンペーンは行っていません。

しかしそもそもの初期費用や月額料金が安いため、2台目の契約先にはぴったり。

初期費用について、詳しくは以下の表をご覧ください。

ルーター料金 事務手数料 月額利用料金 キャッシュバック
無料 ¥3,000 ¥2,170(1〜2ヶ月目) ¥2,000

※ギガ放題 月額利用料:¥3,480(3〜36ヶ月目) / ¥4,263(37ヶ月目以降)

ルーターが無料なので、その分初期費用がぐっと抑えられています。

broadWiMAXと同様、上記に加えて

  • auの携帯・スマホを利用している方:スマートバリューで最大1,000円割引
  • UQモバイルの携帯・スマホを利用している方:UQモバイルの月額料金が最大500円割引

と、多くの割引キャンペーンが行われています。

初期費用が安いため、気軽に2台目の契約ができるのはうれしいポイントですね。

1点注意が必要なのが、GMOとくとくBBのキャッシュバック手続きが複雑であるという点。

受け取るまでに1年かかるのと、契約時のメールに記載のURLからしか申し込むことができず、受け取り損ねてしまう人も多くいるようです。

心配な方はキャッシュバックが確実にすぐ受け取れて月額料金も安い、JPWiMAXなどがおすすめです。

WiMAX2台持ちで便利なネット通信を

今回は、WiMAXの2台目利用について解説してきました。

親子・兄弟など、家族が別々の場所でWiMAXを利用したいとき、2台目を追加すると非常に便利です。

2台目にも初期費用はかかってしまいますが、プロバイダを選べば格安で利用することもできます。

WiMAX1台で不便だと感じている方は、ぜひ2台目の追加を検討してみてください。

より快適なインターネット通信ができますよ。