Ymobileのワイファイの料金プランや評判を解説

ワイモバイルのポケットwifiまとめ!料金プラン・速度・注意点は?
ワイモバイルのポケットwifiまとめ!料金プラン・速度・注意点は?

持ち運べるwifiとして便利なポケットwifi。

その便利さから利用する方も多く、さまざまな会社がポケットwifiサービスを提供しています。

今回はそのうちの1社「ワイモバイル」のポケットwifiについて、以下の内容を詳しく解説していきます。

  • ワイモバイル ポケットwifiの月額プラン
  • ポケットwifiのルーターと通信速度
  • ワイモバイル ポケットwifiの注意点
  • ワイモバイルと他社の比較

ワイモバイルの契約を考えている方、どこの会社で契約するかを悩んでいる方は、ぜひ参考にしてください。

ワイモバイル ポケットwifiの月額料金プラン

ここでは、ワイモバイル ポケットwifiの月額料金プランについて解説します。

現在ワイモバイルで契約できるポケットwifiの月額料金プランは、「Pocket WiFiプラン2」のみ。

非常に簡潔で分かりやすい料金設定です。

ワイモバイルの月額料金プランの内容について、詳しく見ていきましょう。

Pocket WiFiプラン2

まずは、ワイモバイル「Pocket WiFiプラン2」の詳細をご覧ください。

  • 月額料金3,696円
  • 高速データ通信は7GBまで※2
  • 7GBを超えたら通信制限がかかる

※通信方式:FDD-LTE,TDD-LTE,AXGP

ワイモバイル「Pocket WiFiプラン2」の月額料金は、3,696円(税抜)です。

高速データ通信は1ヶ月あたり7GBで、無制限に使えないのは注意点です。

7GBを超えると通信制限がかかり、最大通信速度は128Kbpsまで遅くなってしまいます。

通常速度に戻したい場合は、500MGあたり500円を支払わなければいけません

先述している通り、ワイモバイルで契約できる月額プランは、現在Pocket WiFiプラン2のみです。

これ以外の月額プランはないので、非常に分かりやすい料金形態になっています。

アドバンスオプション

ワイモバイルのポケットwifiには、7GBを超えても無制限で高速通信で使える「アドバンスオプション」があります。

月額料金648円を支払うことで、1ヶ月で7GB以上利用しても通信制限がかかりません

たとえば高速通信のまま1ヶ月で8GB使いたい場合、は、以下のような料金形態になります

プラン 月額料金 オプション 合計
Pocket WiFiプラン2のみ 3,696円 1,000円(500MB×2) 4,696円
アドバンスオプション加入 3,696円 648円 4,344円

上記からも分かるように、アドバンスオプションに加入したほうが352円ほど安い費用で利用できます。

強月額料金648円を支払えば、ポケットwifiを無制限かつ高速通信で使えるので、どれだけデータ量を使っても安心です。

7GB以上使う予定がない、通信制限がかかっても気にしないという方には必要ないですが、速度の遅さが気になる方は加入するのがおすすめです。

◆申し込み方法

My Y!mobileより申し込み

My Y!mobile ログイン画面:(https://my.ymobile.jp/muc/d/top/)

ポケットwifiのルーターと通信速度

ここでは、ワイモバイルのポケットwifiにおけるルーターと通信速度について解説します。

ワイモバイルでは数多くのポケットwifi用ルーターが販売されていますが、選ぶ機種によってスペックや通信速度が異なります。

ルーターの詳細を知らずに選んでしまうと、快適なインターネット通信ができないことも。

ワイモバイルでポケットwifiの契約を考えている方は、契約を申し込む前に確認しましょう。

Pocket WiFi 803ZT

Pocket WiFi 803ZT 画像引用元:https://online-store.ymobile.jp/regi/?oid=803ZT

ワイモバイルの最新機種「Pocket WiFi 803ZT」(以下803ZT)は、

  • 下り最大988Mbpsの高速通信
  • 約12時間電池が持つ

という2つの特徴があります。

まず、通信速度について。

803ZTの最大通信速度は、USBケーブルに接続した場合で下り最大988Mbpsです。

ほぼ1Gbpsという速い速度で通信ができるため、かなり快適にインターネットを利用できます。

別売りのクレードルを使えば、さらに安定した通信を行えます。

また、803ZTは3,000mAhの大容量バッテリーを搭載しているため、電池持ちの良さは抜群です。

使い方にもよりますが、満タンに充電すれば約12時間使えます。

旅行や出張など、長時間ポケットwifiを使いたいシーンでは非常に便利でしょう。

Pocket WiFi 801HW

Pocket WiFi 801HW 画像引用元:https://online-store.ymobile.jp/regi/?oid=801HW

「Pocket WiFi 801HW」(以下801HW)は、

  • 下り最大972Mbps
  • 約10時間の電池持ち

という2つの特徴があります。

通信速度は、USBケーブル接続の場合で下り最大972Mbpsです。

先述した803ZTよりは遅いですが、十分速い通信速度だと言えます。

省電力設計で約10時間持つので、外出先や旅行・出張などでも問題なく使えるでしょう。

どちらの機種も通信速度の性能的には優れていますが、速度について注意しなければいけないポイントがあります。

詳しくは次の章を読み進めてください。

ワイモバイル ポケットwifiの注意点

ここでは、ワイモバイルのポケットwifiにおける注意点を解説してきます。

ワイモバイルのポケットwifiには、契約にあたり見逃してはいけない注意点がいくつかあります。

見逃して契約してしまうと、「実際に利用してみたら使いづらかった」「使い勝手が悪くて使わなくなってしまった」ということにも繋がりかねません。

ワイモバイルのポケットwifi契約を検討している方は、注意点を確認しましょう。

アドバンスモード対応エリアは一部

ワイモバイルの1つ目の注意点は、アドバンスモード対応エリアが一部なことです。

先述したとおり、ワイモバイルのポケットwifiには「アドバンスオプション」というデータ量無制限で使えるオプションがあります。

通信制限がかからず使えるので非常に便利ですが、アドバンスモードで使えるのはごく一部のエリアのみ。

たとえば東京の都心部では対応していても、奥多摩の方面では対応していません。

奥多摩にお住まいの方がアドバンスオプションに加入しても、まったく意味がないということになってしまいます。

もしワイモバイルのポケットwifi契約を検討しているなら、利用予定エリアがアドバンスモード対応が確認しましょう。

以下の公式サイトより調べることができるので、必ずチェックすることをおすすめします。

Y!mobile エリア:(https://www.ymobile.jp/area/)

◆使い方

  1. ポケットwifiの機種を選択
  2. 利用予定エリアを選択
  3. 地図で塗られている色を確認※

※赤:高速データ通信 4G 対応エリア/青:アドバンスモード対応エリア

高速通信で使えるエリアは一部

ワイモバイルの2つ目の注意点は、高速通信で使えるのは一部のエリアだけな点です。

803ZTや801HWの高速通信を利用できるのは、一部のエリアのみに限られています。

現在は「東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県・愛知県・京都府・大阪府・兵庫県の一部エリア」のみでしか対応していません。

他の地域では、機種に記載のある最大通信速度よりも遅くなってしまいます。

たとえば自宅は対象エリアでも、外出先は対象エリア外であることも少なくありません。

利用するエリアで速度が変わるため、どこでも高速通信で利用したい方は注意する必要があります。

先程紹介した「Y!mobile エリア」(https://www.ymobile.jp/area/)から確認できるので、契約の前に調べるのがおすすめです。

3日で10GB以上使うと速度制限

ワイモバイルの3つ目の注意点は、3日間で10GB以上使うと速度制限がかかることです。

3日で10GB以上使うと、当日の18時〜翌1時の間、約1Mbpsに速度が制限されます。

1Mbpsは、YouTubeの動画を標準画質で視聴できるくらいの速度です。

上記の時間が過ぎればいつもどおりの速度で通信できますが、短時間でも通信速度が遅くなるのはストレスに感じかねません。

この「3日で10GB制限」は、回線の混雑を緩和する目的で行われるもの。

ポケットwifiにはよくある制限で、ワイモバイル以外にもUQWiMAXやauのポケットwifiでも行われています

まったく繋がらないというわけではありませんが、通常速度と比較すると遅いと感じるのは事実です。

先述した「アドバンスオプション」に加入していてもかかる制限なので、データの使用量には注意しましょう。

突然画質が悪くなる

ワイモバイルの4つ目の注意点は、ポケットwifiの使用中に突然画質が悪くなることです。

ワイモバイルでは通信の品質を保つために、以下の利用中に通信制限が行われることがあります。

対象 内容
VoIP(Voice over Internet Protocol )を利用する通信 音声通話やテレビ電話などをパケット信号に変換し、データ通信にて実現するサービス
動画、画像などの一部 MPEG、AVI、MOV形式などの動画ファイル BMP、JPEG、GIF形式などの画像ファイル
大量のデータ通信、または長時間接続をともなうパケット通信 動画閲覧、高画質画像閲覧、長時間接続を伴うサイト、アプリなど

たとえばワイモバイルのポケットwifiに接続しているとき、突然動画や画像を開くのが遅くなったり、画質がガクンと悪くなったりします。

これはワイモバイルだけの制限で、WiMAXやau・ソフトバンクなど他社にはない通信制限です。

通信が切断されるわけではありませんが、画像や動画の読み込みが遅いのは非常にストレスでしょう。

3日で10GB制限、7GB制限とは関係なく行われてしまうため、この制限を回避する方法はないのが事実。

他のポケットwifi会社と比較すると、ワイモバイルの大きなデメリットだと言えます。

ワイモバイルと他社の比較

ここでは、ワイモバイルと他社の比較について詳しく説明してきます。

ポケットwifiサービスを提供している会社は数多くありますが、それぞれに異なる特徴があります。

安く契約できる会社・サービスが充実している会社など、その特徴はさまざまです。

ポケットwifiの契約を検討している方は、ぜひワイモバイルと他社の比較を確認してみてください。

ポケットwifiの比較表

ワイモバイルと他社ポケットwifiの比較表は、以下のとおりです。

データ量 月額料金
Y!mobile 無制限 4,344円(3,696+648円)
UQWiMAX 無制限 3,880円※
ソフトバンク 50GB 7,480円
au 無制限 4,462円
ドコモ 7GB 5,980円

※2年自動更新の場合

ワイモバイルのポケットwifiと他社を比較すると、データ量・月額料金ともに優れているのはUQWiMAXのみです。

ワイモバイルもオプションに加入すればデータ量無制限で利用できますが、月額料金はUQWiMAXのほうが464円も安く利用できます

WiMAXのおすすめポイントは、UQmobileをはじめ数多くの会社がサービスを提供していること。

会社によって割引やキャンペーンを行っているため、ご自身に合う会社で契約することができます。

その中でも業界最安級と評判のJPWiMAXは、とくにおすすめのポケットwifi会社です。

WiMAXならJPWiMAXがおすすめ

ワイモバイル以外でポケットwifiを契約するなら、JPWiMAXがおすすめです。

JPWiMAXのおすすめポイントとして、以下の3つが挙げられます。

  • 月額料金が安い
  • 最新端末が無料
  • レンタルでお試しできる

まずは月額料金。

料金
1~3ヶ月目 2,800円
4~24ヶ月目 3,500円
それ以降 4,100円

1〜3ヶ月目は2,800円と、業界トップクラスの安さだと評判です。

さらに現在はAmazonギフト券10,000円分がプレゼントされるため、1〜3ヶ月目の月額料金は実質無料

4〜24ヶ月目も3,500円と安い値段で提供しているため、他社で契約するよりもお得にポケットワイファイを利用できます。

また、1.2Gbpsの高速通信ができる最新機種「W06」も無料でもらえるのもおすすめな理由のひとつです。

そして何よりも魅力的なのは、1週間無料でレンタルできることです。

ポケットwifiを契約しようと思っても、使い心地は分からないもの。

JPWiMAXならレンタルで電波・速度をはじめとする使い心地を試せる上、レンタル後に契約しなくても解約金などはかかりません。

ポケットwifiの契約を考えているなら、ぜひJPWiMAXを検討してみてください。

まとめ

今回は、ワイモバイルのポケットwifiについて解説してきました。

持ち運べるポケットwifiは非常に便利なものですが、契約する会社を間違えるとその便利さが半減してしまいます

ポケットwifiの契約を検討している方は、契約の前に料金プラン・通信速度・注意点をチェックしましょう。

しっかりと確認してから申し込めば、契約後に後悔することも防げるのでおすすめですよ。